2018.07.19 update

EL BORDEとは

2018.07.19 update

2017.10.26 NEW のむログ

たどりつけた人だけが食べられる隠れ家イタリアン
―Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂

たどりつけた人だけが食べられる隠れ家イタリアン―Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂のイメージ

歴史の風情を色濃く残す街、神楽坂のイタリア料理店。強いこだわりのもと揃えられた食材を、鍛錬を重ねた“職人”が料理してくれる贅沢なひと時を楽しみたい。

「いやあ、あの熱意とこだわりは本当に素晴らしいですね」

「境界線の越えかた」の取材を終え、担当ライターのNさんとの打ち合わせ中。インタビューで商品開発に対する真摯な姿勢に触れたNさんから、そんな言葉が何度も聞かれた。

「強いこだわりを持つこと、努力を積み重ねること。もっと色んなこだわりを持った人の話を取材していきたいですね」とNさん。

ふと、「熱意とこだわり」を持ったシェフがいる“ある店”が頭に浮かぶ。神楽坂の坂から小道に入り、さらに路地の奥の奥まで行ったところにある、知る人ぞ知るイタリアンの名店だ。

はじめての訪問だと、たどり着くのも難しいこの隠れ家で、“職人”が料理を振る舞ってくれる。

「強いこだわりを持つ“職人”がいるレストランに行こうと思うんですが、もしよければ一緒にいかがですか?」

Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂の店舗のイメージ

快諾してくれたNさんを連れて訪れたのは「Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂」。

ドアの横の掲げられたエンブレムには、店名であり「職人」を意味するイタリア語「Artigiano」の文字、そして手仕事へのこだわり、職人の矜持を示すかのような手形があしらわれている。

扉を開けると、カウンターの向こう側で黙々と料理を作るシェフ・岡本一徹さんの姿が目に飛び込んでくる。「お店のこだわりが存分に味わえるメニューを」というこちらのリクエストに、岡本さんが腕を振るってくれた。

まず運ばれてきたのは「前菜の盛り合わせ」。続いて「鶏肉とキノコのトマト煮カチャトーラ」や「アナゴのエスカベッシュ」、「カキのブルスケッタ」が供され、テーブルには色とりどりの料理が並んだ。

徹底して素材にこだわっているのも「アルティジャーノ」の特徴で、例えば魚介はすべて千葉県の千倉漁港から直送。パスタも既製品は使用せず、手づくりのものにこだわっている。

さらに、モッツァレラとトマトのカプレーゼにも、生クリームを用いた「ブラータ」という希少な種類のモッツァレラが使われているという。まさにこだわりぬいて揃えられた食材の共演といった趣だ。

Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂の料理のイメージ

「あ、なんだかすごい料理が来ましたよ!」

Nさんが感嘆の声を上げるのも無理はない。
続いて運ばれてきた「馬刺しのカルパッチョ」は、たっぷりとかけられたパルメザンチーズの下に馬肉が敷き詰められた、テンションが上がること必至の一皿。
「アルティジャーノ」の看板メニューの1つだ。

そして、「メニューには載っていないんですけど…」という岡本さんの前置きとともに、本日のメインがお目見え。用意してくれたのは「低温でじっくり火を入れた合鴨ロース」。

イチジクソースの甘みが鴨肉の旨味を引き立たせる極上の一品に、“口福”な気分も最高潮に達した。

調理を終えた岡本さんが「食材がある限り、どんなリクエストにも応えて料理をします」とひと言。徹底的に基礎を磨いたからこその言葉であり、そうした「自在さ」はまさに努力の賜物と言えるだろう。

強いこだわりと徹底した努力が生み出す、珠玉の料理と豊かな時間。岡本さんの熱い思いにふれ、我々スタッフも有益なコンテンツを提供するべくひたすら邁進してゆかなければ…。そう決意を新たにし、充実した一日が終わった。

Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂の店舗のイメージ
Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂の料理のイメージ
Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂の料理のイメージ
Ristorante Italiano アルティジャーノ 神楽坂
「職人」を意味するイタリア語を店名とする、神楽坂のイタリア料理店。強いこだわりのもとに厳選された食材を活かした料理を楽しめる。季節に応じてメニューも変化。カキやトリュフを使った料理が秋のおすすめだ。「料理に合う」という観点からセレクトされたイタリア産ワインも豊富。赤30種、白20種を取り揃える。席数はカウンター6席、テーブル6席。
所在地/東京都新宿区神楽坂4-4
TEL/03-5227-4483
営業時間/[月・水~土]18:00~25:00、[日]17:00~23:00
定休日/火曜
予算/¥6,000~
アクセス/飯田橋駅から徒歩4分、神楽坂駅から徒歩5分

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

Related Posts関連記事

Latest articles最新記事

記事一覧

Recommended articlesあなたへのおすすめ

記事一覧

  • 有価証券を有効活用! 野村Webローン
  • 野村のつみたてNISAで投資による資産形成をスタート!
  • 野村のゴールベース 質問に答えるだけで人生設計が見えてくる!?
  • CMギャラリー 2020に夢を。2020に力を。

ページの先頭へ