初心者におすすめ!おこづかいでできる まめ株投資

初心者におすすめ!おこづかいでできるまめ株投資

『まめ株』は、1株からでも取引ができるため、おこづかい程度の少額からでもスタートすることが可能。豊富な取り扱い銘柄から、お好きな銘柄をお好きな分だけ買うことができるのです。

おこづかいでもスタートできる!

メリット1

通常、取引所における株式の売買は、銘柄ごとに定める売買単位(1単元)の整数倍の数量によって行われますが、『まめ株』は1株の整数倍でかつ1単元未満の株式の売買ができます。

スーパーマーケットで買い物をするとき、1盛は食べきれないからと、バラ売りのりんごを買うことがありませんか?

『まめ株』は、いわば株のバラ売りです。

高くて手の届かなかった単元株を小分けにして買うことができます。

人気の企業の株にも手が届く!

メリット1

「人気のあの企業の株が欲しいけど、高くて手が出せない…」
まめ株は少額から取引ができますから、お目当ての企業の株を少しだけ買うこともできますし、時間をかけて数株ずつ買い増していけばいずれ1単元にすることも可能です。もちろん、一単元にすることができれば、お目当ての企業の株主優待を手にすることもできるのです。

もらってうれしい!株主優待銘柄の探し方

しかも、時間をずらしながら買い増していくことで、買付価格を平準化できるというメリットもあります。例えば、一時期にまとめて買ってしまうと、株価が下がってしまったときに大きな損失を被る事もあり得ますが、時間をずらしながら購入すれば、買付価格をならすことができるのです。

時間をずらして買えば、いきなり一単元買って高値で買い付けしてしまうというリスクを防ぐこともできます(ドルコスト平均法)。

  • 実際のお取引の際には上記の金額に加えて、別途、手数料がかかります。手数料はこちらをご覧ください。
  • 図のケースでは、100株を1単元とする銘柄を例として掲げています。株価が上がり続けてしまった場合、結果的に最初にまとめて買った方が有利な場合がありますので、買いのタイミングをしっかり見極めることが大切です。また、『まめ株』は、通常の株取引と比較して手数料が割高ですから、取引金額が高額になったり、取引回数が多くなる場合には、単元株で取引を行ったほうが有利な場合もあります。

たくさんの銘柄が買える

メリット1

「あの銘柄も買いたい、この銘柄も買いたい・・・。両方は買えないから、どちらか1つにしよう」
せっかく絞ったのに、買った銘柄の株価が下がり、買えなかった銘柄の株価が上がってしまったら、がっかりしてしまいます。
その点、1株から取引できるまめ株なら、同じ予算でもいろいろな銘柄を購入できますから便利です。 しかも、複数の銘柄を購入すれば、仮にその中の1つが値下がりしても、他のものでカバーできるという可能性もあります。

たくさんの銘柄を買えば、値下がりした銘柄を値上がりした銘柄でカバーできることも!

  • すべての銘柄が一斉に値下がりする可能性もあるのでご注意ください。

合わせて読みたい

少額で、無理なくはじめるNISAコツコツ投資

Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設のお申し込み新しいウィンドウで開きます

口座開設のお手続きについて詳しく知りたい方はこちら

本・支店口座でのお取引をご希望の方はこちら

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.026%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,668円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。