オンライン信用取引の各種変更について

01オンライン信用にかかるサービス追加

2017年8月14日(月)より、下記のサービスを追加いたしました。

種別 サービス概要
預り証券の代用自動振替 お客様がご希望の場合、預り証券のうち、代用適格である国内株式を自動的に代用証券に振替いたします。(一部、振替できない場合があります)
益金自動振替申込 野村ホームトレード画面からのお申込みで、以後の決済益金を保証金に自動振替できるようになりました。
出金可能額、買付・新規建て余力のシステムチェック基準の変更

野村ホームトレード経由のご注文により、極力未入金等が発生しないよう、下記の取扱いといたします。

  • ATMからの出金時の出金可能額計算も前受管理契約口座※1と同様に行います。
  • 国内株式※2の繰越注文(予約注文を含む)について、毎日夜間に買付・新規建て余力を再計算し、余力不足となる場合は、翌営業日のサービス開始時間(午前6時)までにシステムにより自動的に注文を取消します。
  1. ※1前受管理契約の詳細はこちらをご参照ください。
  2. ※2ETF、REIT等を含みます。対象は、現物買注文および信用の新規建て注文(売買とも)です。

02一般信用取引の開始

2018年1月4日(木)より、オンライン信用取引に、これまでの制度信用取引に加えて一般信用取引の取扱いを開始いたします。一般信用取引は、返済期限の定めがなく、ほぼ全銘柄が対象の取引といたします。
お客様は制度信用取引より長い期間、建玉を継続することが可能であり、対象銘柄も多い一般信用取引は、投資のチャンスも広がります。詳細につきましては、追ってご連絡いたします。

オンライン信用取引の
委託保証金の差入方法の一部変更

2018年1月4日(木)より、オンライン信用取引の委託保証金の差入方法を一部変更いたします。

<主な変更点>
項目 従来 2018年1月4日以降
委託保証金に関する変更
  • 現金担保は建玉の10%
  • 保証金率は30%
  • 保証金率が20%を割れた場合、20%となるまで保証金の追加差入(追証)等が必要
  • 現金担保は不要
  • 保証金率は33%
  • 保証金率が30%を割れた場合、30%となるまで保証金の追加差入(追証)等が必要

よくあるご質問(オンライン信用取引)