REIT(不動産投資信託)

REITの特徴

現物不動産への投資に比べ、少額の投資単位から購入できます。

不動産投資のプロである資産運用会社が、厳選した不動産への投資を行い、その収益を投資家に分配します。

不動産の維持・管理は、資産運用会社が選定した専門の管理会社が行います。

金融商品取引所に上場している銘柄は、高い流動性(換金性)が確保されています。

不動産投資信託(REIT:Real Estate Investment Trust)とは

  • 投資家から集めた資金で不動産投資の専門家がオフィスやマンション等の不動産を購入し、運用します。
  • 購入した不動産を賃貸し、その賃料収入や売却益から費用を差引いた残りの収益を投資家に分配します。
    • 配当可能利益の90%超を分配すること等、一定の要件を満たすことにより、法人税が実質非課税(配当の損金参入)となります。
    • 金融商品取引所に上場している銘柄は、高い流動性(換金性)が確保されています。

拡大する

REITの投資リスクについて

  • 投資元本が保証された商品ではありません。
  • 運用の目的となる不動産の価格や収益力の変動等により市場での取引価格は変動します。また、倒産等、発行者の財務状態の悪化により損失を被ることがあります。
  • テナント賃料や不動産売却益から不動産の維持・管理費用や金利等を支払った後に残った利益を投資家に分配するため、テナントの退去、物件の経年劣化等による賃料下落等の事情により、分配金は変動します。
  • 不動産市場、金利環境その他さまざまな経済情勢および地震・火災等の予測不可能な事態の影響を受けて分配金や価格が変動する可能性があります。

国内市場上場不動産投資信託(J-REIT)の手数料等およびリスクについて

国内市場上場不動産投資証券(J-REIT)の売買の際は、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内市場上場不動産投資証券(J-REIT)を野村證券との相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみのお支払いとなります。ただし、相対取引による売買においても、お客様の合意に基づき、別途手数料をいただく場合がございます。不動産投資証券は、主に不動産への投資の成果を投資家に還元することを目指した商品です。運用の目的となる不動産の価格や収益力の変動等により取引価格が下落し、損失を被ることがあります。不動産投資証券の発行者およびその資産を運用する資産運用会社の業務や財産状況に変化が生じた場合、不動産投資証券の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。