相続対策のご提案

相続発生後の手続きはこちら

大切なご資産を大切なひとに引き継いでいくために。
野村と一緒に考えませんか。野村ではじめる相続対策。

いつ起こるのかわからないのが相続。お元気な今だからこそ、ご自身の意思や資産状況、ご家庭の事情を踏まえて、余裕をもって相続対策を考えることができます。
早めに相続対策を考えることで選択肢も増え、より良い計画を立てることもできます。
大切なご資産を大切なひとに引き継ぎ、円満な相続を実現するために、野村で相続対策はじめませんか?

相続の問題を整理すると、3つの問題と対策があります

問題1

分割協議の不調

遺産の多い少ないにかかわらず、資産をめぐり、家族が争う可能性があります。

遺産分割対策

「誰に」「何を」「どれだけ」のこすかを決めておきましょう。

問題2

現金の準備

相続発生後、10カ月以内に原則として現金で相続税を支払う必要があります。

納税資金対策

すぐに使える資金を準備しておきましょう。

問題3

多額の相続税

平成27年1月以降、相続税は課税が強化されました。

相続税の軽減対策

基礎控除や各種特例が設けられていますので、効果的な対策をしましょう。

野村證券の相続関連サービス

  • 相続セミナー
  • 相続税額の試算(概算)
  • 事業承継コンサルティング
    (株価算定、M&A 仲介)
  • 生前贈与最適化ツール
  • <野村>の贈与らくらくサービス
  • 遺言信託
  • 遺産整理業務
  • 資産承継計画サポート
  • 保険
  • 提携不動産関連会社の紹介
  • 提携税理士の紹介
  • 個別具体的な税務については、税理士等にご相談ください。

野村の相続対策ソリューション

少しでも気になることがあれば、ぜひご相談ください。

お客様と担当者との対話を通じて、お客様が抱える相続に関する問題点や課題をより明確にします。
その課題の解決に向けて、野村證券担当者が機動的に活動し、本社やグループ会社の専門組織と密接に連携を図り、お客様にとっての、最良なサービスの提供を目指してまいります。

本社各部門 グループ関連会社との連帯イメージ図

拡大する

  • (注)野村證券は野村信託銀行の代理店として、遺言信託、遺産整理業務、資産承継計画サポートの取り扱いを行います。

相続税シミュレーションのお申込みについてご覧になれます。

生前贈与についてのご説明と当社の関連サービスをご覧になれます。

保険商品の種類の説明と取扱商品一覧をご覧になれます。

遺言信託、遺産整理業務の内容についてご覧になれます。

野村證券の口座をお持ちの方も、お持ちでない方も。
お気軽にご相談ください(ご相談料無料)。

来店予約は
こちら

折り返し担当者から
ご連絡いたします。

おかげさまで、お客様満足度5年連続NO.1 J.D. パワー“投資サービス満足度5年連続No.1<対面証券部門> 野村證券は「商品・サービス」「担当者」において5年連続トップの評価をいただきました。これからもお客様のさらなる満足を目指してまいります。

全国の本・支店で開催! 野村の相続セミナー

【ウェブで簡単お申し込み】口座をお持ちの方も、お持ちで無い方も!
相続・贈与の基本から、税制のことまで、さまざまなテーマで相続セミナーを開催しております。

野村のハッピーライフセミナー

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

野村證券にお口座をお持ちいただいていたお客様の相続手続きのご案内はこちら。

相続発生後の手続き

Webアンケートご協力のお願い

野村證券では、お客様により良いコンサルティングサービスをご提供できるようWebアンケートを実施しております。
今後のサービス向上のために、お客様の貴重なご意見をぜひお寄せください。

アンケートのご回答はこちら

アンケートの所要時間は、
1分程度です。

平成28年1月現在施行中の法律・税制によるものです。将来変更の可能性があります。個別の税務の詳細につきましては、税理士等にご相談ください。

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は、2,808円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。