証券用語解説集

後入先出法(あといれさきだしほう)

分類:取引(売買)

棚卸資産の評価方法の一つであり、後に仕入れた新しい商品から順次販売していったと想定し、期末の棚卸資産を計算する方法のことを示す。先入先出法と逆になる。

国際会計基準では、後入先出法は認められていないため、わが国の企業会計基準でも国際基準や実勢に合わせて2010年4月以降開始する事業年度より廃止された。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。