証券用語解説集

配当落調整金(はいとうおちちょうせいきん)

分類:取引(売買)

信用取引で建て株を持ちながら、配当の権利付き最終日を迎えた場合、買い方は、売り方から配当金相当額を受け取ることができる。これは、配当落ちによる株価下落分の調整で、配当金そのものではない。税法上でも配当所得ではないので配当控除の対象にはならない。この配当金相当額はキャピタルゲインの計算の上で加味される。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。