証券用語解説集

一本値(いっぽんね)

分類:相続

株式相場において、寄り付きから大引けまで、株価が同じ値段でしか取引されなかった状況のこと。出来高が少ない場合や、買い気配や売り気配のまま大引けを迎え、比例配分で値がついた場合などにおこる。また新規株式公開(IPO)で、初値を決定する際に、一本値方式をとる銘柄もある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。