証券用語解説集

イベント・ドリブン(いべんと・どりぶん)

分類:取引(売買)

企業の経営に重大な影響を与えるM&A(合併・買収)や業務提携をはじめとした、重要な出来事(イベント)が発生した際に生じうる株価の変動を、収益機会と捉えて投資する手法のこと。ヘッジファンドが活用する投資戦略として知られる。

主なイベント・ドリブン戦略としては「M&Aアービトラージ戦略」や「ディストレスト戦略」などがある。M&Aアービトラージ戦略はM&Aで買収企業が提示した価格(買取価格)と市場価格の乖離に着目し、割高な方を売り割安な方を買う投資手法。ディストレスト戦略は経営破綻や経営不振で割安な価格となっている企業の株式や債券を安く買い、その後価格が回復した時に利益を得る投資手法。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。