証券用語解説集

一般信用取引(いっぱんしんようとりひき)

分類:取引(売買)

信用取引の種類の一つ。
一般信用取引とは、決済(弁済)の期限及び逆日歩の金額等を、投資家と証券会社との間で自由に決定できる信用取引のことをいう。

弁済期限6ヵ月で制度信用銘柄のみを対象とする制度信用取引と異なり、一般信用取引はほぼすべての銘柄が対象となり、弁済期限も無期限の証券会社が多い。

平成10年12月から新たに導入された。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。