証券用語解説集

逆日歩(ぎゃくひぶ)

分類:取引(売買)

信用取引において信用売り(空売り)が、信用買い(空買い)を上回り、株券が足りなくなった場合、株を貸してくれる人に支払う貸株料のこと。通常の信用取引では、投資家が信用買い(空買い)をした際に徴収される金利を日歩といい、買い方が日歩を支払い、売り方が受け取る。これとは逆に、売り方が買い方に日歩を支払うことを逆日歩という。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。