証券用語解説集

クロス取引(くろすとりひき)

分類:取引(売買)

1つの証券会社が、同一銘柄について同量の売り注文と買い注文を取引所に提出し、商いを成立させる取引。

以前は売り買いそれぞれの注文を金融商品取引所に出さないで売買を成立させるバイカイという方法が認められていたが、これは呑み(ノミ)行為に該当するおそれが強く、また市場集中原則にも反することから1967年10月から禁止された。

クロス取引はバイカイにかえて行われるようになった取引方法。結果的に顧客の注文に証券会社自身(自己)の注文をつけあわせることになる場合があるものの、売買注文が実質的に市場に出されていることで先のバイカイとは大きく異なる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。