証券用語解説集

大型株、中型株、小型株(おおがたかぶ、ちゅうがたかぶ、こがたかぶ)

分類:株式

株式を時価総額、流動性を基準として、大型・中型・小型に区分したもの。
東証では、従来、発行済株式数を基準に区分していたが、単元株制度導入後、必ずしも市場実態を反映していないこともあり、海外の主要株価指数を参考に、平成17年に時価総額、流動性の基準により大型株・中型株・小型株と区分することとなった。第一部銘柄(内国普通株式)の中から、時価総額と流動性が高い、上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)を「大型株」、次いで時価総額と流動性が高い上位400銘柄(TOPIX Mid400の算出対象)を「中型株」、大型株・中型株に含まれない全銘柄(TOPIX Smallの算出対象)を「小型株」としている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。