証券用語解説集

黄金株(おうごんかぶ)

分類:証券市場

株主総会又は取締役会において、重要議案を否決できる権利を与えられた特別な種類株式で、拒否権付株式ともいう。敵対的買収防衛策の一つとされ、敵対的買収者が出した提案を株主総会で否決してもらうことができる。東証等は、取締役の過半数の選解任その他重要な事項についての黄金株は上場廃止基準の対象としている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。