証券用語解説集

ストックオプション(すとっくおぷしょん)

分類:制度・法律

あらかじめ決めた価格で自社株を買うことができる権利。
役員や従業員に対する報酬のひとつとしてアメリカなどで広まっている。日本でも1997年5月の商法改正により、ストックオプション制度の導入が可能になった。企業業績が向上して、株価が上がるとストックオプションを付与された人の利益が増えるようになっているので、会社の業績を伸ばす動機づけになる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。