証券用語解説集

運用対象(うんようたいしょう)

分類:投資(運用)スタイル

資産運用の対象とするもの、投資対象ともいう。英語では「Investment asset class」。

投資信託は、運用会社が投資家から集めた資金をもとに、それぞれの投資信託の運用方針に基づいて、運用対象となる資産に分散投資し、運用成果の実現を目指す。

運用対象となる資産は、国内外の株式、債券、短期金融商品、コマーシャル・ペーパー、先物取引、投資信託証券、金融派生商品等の有価証券のほか、不動産など様々な金融商品が認められている。

有価証券を主な運用対象とする証券投資信託の場合、少なくとも信託財産の総額の2分の1を超える額を有価証券に投資しなくてはならない。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。