2019.12.09 update

EL BORDEとは

2019.12.09 update

2018.01.29 NEWのむログ

本格的シチリア料理が堪能できる―白金高輪のイタリア料理店「ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)」

本格的シチリア料理が堪能できる―白金高輪のイタリア料理店「ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)」のイメージ

港区にありながら、古くからの商店街が活気付くなど洗練と情緒が溶け合う街・白金高輪のイタリア料理店。本格的なシチリア料理と居心地のよい空間が、最高の時間を約束する。

「折り入って相談したいことがあるんだけど、ちょっといい? 女性目線からのリアルなアドバイスがもらいたくて...」

何冊かのレストラン情報誌やガイドブックを手にした同僚のBが話しかけてきたのは、来週公開のインタビュー記事の校正作業が一段落し、帰り支度を進めていた時だった。

休憩スペースに移動して話を聞いてみると、学生時代から長く交際していた彼女と昨年の夏に別れて以来、久しぶりに気になる相手と出会い、食事に誘うことに成功したのだという。“大人の初デート”という未体験のシチュエーションに備え、リサーチの一環として話を聞きに来たようだ。

「なるほどね。デートを組み立てるなら、“マーケティング”の目線で考えたらいいんじゃない?」
「マーケティング?」

そう、初デートのお店選びは、「相手が何を望んでいるのか」の理解から始まり、「どういったコミュニケーションを取りたい」か、それを「実現するための場所/体験はなにか」、といったことから決まるのだ。

「そのために考えるべきポイントは4つ。それは――」

Bに伝えたのは次の通り。
まず、相手の好みなどを聞きだすこと。マーケティングでいうと「Persona(ペルソナ)」の理解に当たる。まだ互いの食事の好みなどの情報が充分でないから、うっかりすると本当は相手が苦手なものをチョイスしてしまうかもしれない。相手も気を使って、食べてくれるかもしれないが、それだと最高の体験にはならないだろう。できる限りいやらしくならない程度に、相手の情報を聞き出そう。

相手の好みなどがわかると「Product」、つまり料理のジャンルが決まる。イタリアンか、フレンチか。もし日本酒が好きなら、和食をえらぶなどお酒から絞ることもできる。
あわせて「Price」も要注意だ。初デートだからといって独りよがりに高級店を選んでも、相手を緊張させてしまうだけかもしれない。大切なのは、ペルソナの価値観にあった価格帯であることだ。

そして「Promotion」。ここではコミュニケーションと考えるといい。初デートなら、二人にはまだ“距離”がある。それをスムースに縮めていくためには、リラックスして会話が楽しめる雰囲気のお店であることが好ましい。自分のことをきちんと伝え、相手のことを良く知るために「会話」は重要だ。ただし、肩肘張らないといっても、話が聞きにくいほど騒がしすぎるお店は絶対に避けるべきだろう。

こうしたマーケティングの「Persona」「Product」「Price」「Promotion」を考えていくと、今回の目的である初デートで行くお店「Place」が見えてくる。

「なるほど。うん、理屈としてはわかる。でも、実際に選ぶとなるといろいろ迷うんだよね」とB。「私だって校正作業なんかしてないでデートしたいんだよ!」という気持ちを抑えながらアドバイスしたというのに、どうも納得感が足りていないようだ。なら、百聞は一見にしかず。体験こそが何よりの説明だ。おすすめの店にBを連れていくとしよう。

ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)の店舗のイメージ

訪れたのは港区の白金高輪にある、ロッツォ シチリア。本格的なシチリア料理を供するイタリア料理店だ。
「いらっしゃいませ!」と快活な挨拶で迎えてくれたオーナーの阿部努さんにいざなわれ、奥のテーブル席へ。
このロッツォ シチリアは、若い頃から同じ店で11年間もの時間を共有し、切磋琢磨してきた阿部さんとシェフの中村嘉倫さんが、満を持してオープンさせた“理想の店”。テーブルに敷かれたペーパーナプキンには、二人をモチーフにしたイラストがプリントされている。

ウッドのナチュラルな風合いと暖色のインテリアとが調和した店内は、実に居心地のいい雰囲気。カウンター席と向かい合ったオープンな厨房からはスタッフたちの声や料理の音も聞こえてきて、気持ちのいい賑わいに満ちている。

「なるほどね。Yが言っていたことが、本当によくわかるよ」とBが言う。そう、肩肘張らずに会話と料理を楽しむには、本当に“ちょうどいい”空間なのだ。

となれば、残るは肝心の料理だ。一品目は、シチリア料理と言えば“これ”という「シチリア永世定番 茄子のカポナータ」。「たとえるなら、古典落語の演目みたいな料理ですね」とは阿部さんの言葉。定番料理ではあるけど、「時そば」や「まんじゅうこわい」のように、演者(この場合は作り手だが)によって味が大きく異なってくるのだという。茄子の素材自体のうまみと、ビネガーがほどよく効いた絶妙な甘酸っぱさのソースが絡み合う一皿は、なんとも美味。お酒も進む。

セレクトしてもらったワインは、シチリアを象徴するワインのひとつである「プラネタ・シャルドネ(2007年)」。芳醇で豊かな味わいが印象的な白ワインだ。

ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)の料理のイメージ

続いてやってきた「いろんな野菜と生ハム、豆のごった煮」を堪能すると、Bの表情がさらに緩んだ。

「これはおいしい! いろいろと具沢山なんだけど、全部の素材がやわらかくて、口の中でとろけるみたいな食感」

聞けば、十種類ほどの素材が、すべてほどよい柔らかさに仕上がるように計算した上で、順次素材を入れて煮込んでいくのだという。栄養もたっぷりで、寒い季節には嬉しいメニューだ。

そして最後に、「インスタ映えもバッチリな一品です」と阿部さんが笑いながらテーブルに持ってきてくれたのは、スウィーツとも見誤ってしまうほどに目にも鮮やかな「まるごと水牛のモッツァレラとどっさりプチトマト」。それぞれ異なる味わいの5種類のミニトマトと、まろやかなモッツァレラが絡みあう、見てよし食べてよしの一品だ。

「心地いい空間に、美味しい料理とお酒。これでデートが盛り上がらないわけがないね!」

Bもようやく納得してくれたようで、一安心。オーナーの阿部さんに、初デートの事前リサーチでお店に来ていたことを伝えてみると、「カップルでいらっしゃるお客様の場合、お店に入ってこられる時と出ていかれる時とで、距離感が変わっていることが多いですよ。もちろん、“近づく”ほうです(笑)」と心強い言葉が返ってきた。

「今日はとても勉強になったよ。いい報告ができるようにがんばるよ」とB。
「じゃあ、今日のお会計は、マーケティングの調査費用ということでよろしくね!」
「え~っ!?」

ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)の料理のイメージ
ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)の料理のイメージ
ロッツォ シチリア(ROZZO SICILIA)
名店で修行を積んだ二人が2011年にオープンしたイタリア料理店。「日本向けに味を調整することはしていません」という本格的なシチリア料理、料理と合う美味なワインが楽しめる。デートにはもちろん、気の置けない親しい友人たちとの語らいや、一人で飲みたい時など、どんなシチュエーション、タイミングで来ても、気持ちのよい時間を約束してくれる。
席数はカウンター席7席、テーブル席24席
所在地/東京都港区白金1-1-12 内野マンション 1F
TEL/03-5447-1955
営業時間/18:00~23:00(L.O.) ドリンク~25:00(L.O.)
定休日/日曜・月曜祝日
予算/¥8,000~
アクセス/地下鉄白金高輪駅から北徒歩10分

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

Related Posts関連記事

Latest articles最新記事

記事一覧

Recommended articlesあなたへのおすすめ

記事一覧

  • 投資の注目テーマ紹介 「インド」の人口ボーナス期は千載一遇の投資チャンス?
  • 野村のつみたてNISAで投資による資産形成をスタート!
  • CMギャラリー 2020に夢を。2020に力を。

ページの先頭へ