2019.11.11 update

EL BORDEとは

2019.11.11 update

2018.07.02 NEWのむログ

夏本番に備えて、絶品餃子で充電完了!――阿佐ヶ谷『餃子坊 豚八戒(ちょはっかい)』

夏本番に備えて、絶品餃子で充電完了!――阿佐ヶ谷『餃子坊 豚八戒(ちょはっかい)』のイメージ

2ヶ月先まで予約がとれない人気の餃子店。中国ハルビン出身のマダムが作る5種の餃子はどれも絶品! ぜひとも全種類制覇することをおすすめする。

7月、夏も本番を迎えようとするある日、Sがつぶやいた。
「最近、忙しすぎる! すでに夏を乗り切る体力が残っていないんだけど」
隣のデスクで作業していたMがすかさず頷いた。
「私も!」
エル・ボルデ編集部は、今、新しいプロジェクトの準備中。加えて、通常の編集記事の締め切りも当たり前のようにやってくるから、まさに猫の手も借りたい状況なのだ。

今日もほとんどのスタッフが出払っていて、残っているのは私とS、Mという女性メンバーだけ。「だったら」と、こんな提案をしてみた。
「おいしいものでも食べて夏バテ対策しない? 前に編集長が絶賛していた餃子のお店、実は予約がとれたんだよね」
2人の答えはもちろん「行きたい!」だ。
数日後、“餃子女子会”で元気を取り戻すべく、阿佐ヶ谷にある『餃子坊 豚八戒(ちょはっかい)』を訪れた。

『餃子坊 豚八戒』は2007年にオープンした餃子専門店。
オープンするやいなや瞬く間に人気となり、11年たった今も予約が困難な店として知られている。
この日、私たちが案内されたのは長屋を改装したという「はなれ 天竺」。和をベースにした空間に、中国様式のアイテムを配置した店内は、オリエンタルな雰囲気が漂い、ちょっとした異国気分が味わえる。

餃子坊 豚八戒 店舗のイメージ

テーブルにつき、まずはビールを注文。乾杯して喉をうるおしていると、ほどなく「華餃子」が運ばれてきた。
ほどよい焼き色がついた、美しい円形の羽根。
「きれいすぎる! 箸を入れるのがためらわれるね」と感心しているSを横目に、Mは「でも熱いうちに食べないと」と躊躇なく箸を入れ始める。
「おっしゃる通り」
Mにならって、私も1個目をパクリ。羽根がパリパリと小気味よい音を立てて崩れ、中からじゅわ~っと肉汁があふれ出す。
餡に練り込まれたスパイスの香りが肉の旨みを増幅させ、俄然食欲が刺激されてきた。
「おいしい~!」
店主の香山謙吾さんによると、餡にはじっくり煮込んだ白湯スープと八角、桂皮など9種類のスパイスが入っているとか。 卓上には醤油、ラー油、酢などが用意されているが、調味料なしでも十分いける。
2個目もすぐさま口に入れ、あっという間に完食してしまった。

次に登場したのは「四川風麻辣水餃子」。
香ばしい自家製ラー油とパクチーをトッピングした、『餃子坊 豚八戒』のオリジナルメニューだ。
「水餃子のつるんとした食感がたまらない!山椒が効いたラー油もくせになる味」
「辛さの中にも、しっかりと旨みがあるよね。パクチーの爽快感もいい!」
いつの間にか紹興酒を頼んでいたSとMが、幸せそうな表情で箸を進めていく。

3品目は「八戒餃子」。
蒸籠のふたを取り、湯気が立ち上る蒸餃子を思い切りよく頬張ると、やわらかな餡が口の中で崩れ落ちた。材料はしいたけ、厚揚げ、ザーサイ、干しエビなどで、肉が一切使われていないのに、濃厚な旨みを感じる。溢れ出た熱々の肉汁に驚いた表情が、みるみるうちに笑顔に変わっていった。

この店のシェフであり、香山さんの奥様でもある陳培霞さんは、中国のハルビン出身。餃子はハルビンの郷土料理で、陳さんが子どもの頃はどの家庭でも皮から餃子を作っていたという。なるほど、そんな環境で育った陳さんが作る餃子が、おいしくないはずがない。

餃子坊 豚八戒 料理のイメージ

「ほかのも食べたい!」と意見が一致し、香山さんの一番のお気に入りだという豆腐水餃子「天篷餃子」と、海老入り水餃子「明蝦餃子」も注文。「天篷餃子」は、3品を平らげた後でも箸が進む、さっぱりとした味わい。最後に「明蝦餃子」を頬張ると、海老のあまりのプリプリ感に、一同揃って驚きの声を上げた。

気付けば、3人でメニューにある全5種類を制覇したようだ。ちなみに、すべての餃子にニンニクが使われていないのもこの店の特徴。ニオイを気にせずに食べられるのは、嬉しい限りだ。

「一口に餃子といっても見た目も味も食感もまったく違っていて、餃子の奥深さを感じたなぁ」
「どれも抜群においしい。11年間ずっと人気が続いているのも納得」
SにもMにも、疲れ切った先日の様子はみじんもない。
「おいしい餃子をお腹一杯食べたことだし、これで元気に夏を乗り切れそう?」と聞くと、2人とも元気よくこう答えた。
「もちろんです! たっぷりとエネルギーチャージできました!」
複数のプロジェクトを同時進行させるのは、決して楽ではないけれど、この様子ならきっと大丈夫だ。
「この店の餃子みたいに、エル・ボルデも人気の絶えないメディアに育てなきゃ。夏バテなんかしてる場合じゃないよね!」
そう意気込む2人の、次の頑張りに期待しよう。

餃子坊 豚八戒 料理のイメージ
餃子坊 豚八戒 店舗のイメージ
餃子坊 豚八戒 料理のイメージ
餃子坊 豚八戒(ぎょうざぼう ちょはっかい)
餃子のほか、棒棒鶏、じゃがいもの細切などのサイドメニューもある。香山さんが友人にリクエストされて始めたという火鍋も人気(2階および個室を4名以上で予約した場合のみ注文可。予約時に注文を)。カウンター7席、テーブル26席、個室2室
※予約について:毎月最初の営業日に2ヶ月後の予約を電話にて受け付けている(例:7月1日に9月中の予約を受け付ける)。
予約できる時間帯は18:00~のみ。予約状況によっては、予約をせずに入店できることもあり、狙い目は平日の20:00頃だとか。
所在地/東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-37-5
TEL/03-3398-5527
営業時間/18:00 ~ 23:00(L.O.22:30)
定休日/日曜・月曜
予算/¥2,000~
アクセス/阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

Related Posts関連記事

Latest articles最新記事

記事一覧

Recommended articlesあなたへのおすすめ

記事一覧

  • 投資の注目テーマ紹介 「5G」普及による業界影響を見極めてチャンスをつかむ
  • 野村のつみたてNISAで投資による資産形成をスタート!
  • CMギャラリー 2020に夢を。2020に力を。

ページの先頭へ