高金利通貨でコツコツ投資~リスクを抑えたのんびりFXのススメ~

高金利通貨でコツコツ投資 リスクを抑えたのんびりFXのススメ

高金利通貨でコツコツ投資とは

FXで利益を得る方法は「短期で売買して為替差益を狙う」というものだけではありません。
ニュージーランドドル(以下、「NZドル」)などの高金利通貨を買って持ち続ける、という手法で、金利差(スワップポイント)狙いの中長期投資をすることができます。

高金利通貨を買うとスワップポイントが得られる 高金利通貨を買う取引(例えば、NZドル/円の買い(注))をすると、「1日あたり○○円」という形でスワップポイントを得ることができます。

  • (注)円売り・NZドル買いのこと

スワップポイントとは

スワップポイントとは取引する2通貨間の金利差調整額のことです。
一般的に金利の高い通貨を買い、それより金利の低い通貨を売るとスワップポイントの受け取りが発生し、これが利益となります。

  • 建玉を保有している間は土日も含め原則毎日発生します。
  • 預け入れた証拠金ではなく、買っている(売っている)通貨の額に対して発生します。 (1万ドル取引していれば1万ドルに対して、10万ユーロ取引していれば10万ユーロに対してスワップポイントは発生します。)
  • 金利の高い通貨を売った場合には、支払いとなるので注意が必要です。
  • 金額は金利変動により日々変化し、2通貨間の金利が逆転すれば、受け取りから支払いに転じることもあるので注意が必要です。

取引のポイント

中・長期で売買してスワップポイントをコツコツ受け取るためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

POINT1:NZドル/円などのスワップポイントの多い通貨ペアを選ぶ

1つめのポイントは、スワップポイントが多く受け取れる通貨ペアを選択することです。
つまり、「より高金利の通貨を買う」ということになります。では、どの通貨が高金利で、どの通貨が低金利なのでしょうか。

以下の「各国の政策金利」より確認してみましょう。ニュージーランドドル(NZドル)は相対的にスワップポイントが高い通貨であることがわかります。

高金利通貨を今すぐチェック!

POINT2:レバレッジを低めに設定する

2つめのポイントは、証拠金に余裕を持たせてレバレッジ(注1)を低く保つことです。低レバレッジの運用にすると為替変動による影響を小さくできます。

例えば、レバレッジ1倍で、「NZドル/円を1万ドル保有する場合」に必要な資金は、1NZドル=90円の場合であれば90万円です。

スワップポイントがどのくらい受け取れるかについては、過去実績をまとめた
スワップポイントが高い通貨ペアの取引例」をご覧ください。

  1. (注1)レバレッジとは?…レバレッジ(=てこ)の作用になぞらえ、少額の投資資金で、大きなリターンが期待できること

FXのリスクを理解する

POINT3:中・長期で運用する

3つめのポイントは、中・長期で建玉(注2)を保有し続けることです。短期で売買して為替差益を狙うスタイルの取引とは異なり、建玉を保有し続けて毎日発生するスワップポイントをコツコツと積み重ねる必要があるためです。したがって短期的な為替の動きよりも、中・長期的なトレンドをいかに読むかがポイントになります。

  • (注2)建玉とは…新規注文が約定したまま未決済になっている数量のこと。買ったまま未決済の状態を買建玉、売ったまま未決済の状態を売建玉といいます。

中長期の為替のトレンドを読むなら

スワップポイントが高い通貨ペアの取引例

通貨ペアが「NZドル/円」の場合

レバレッジ 1倍(注1)
必要な資金 90万円(注2)
取引対象の通貨ペア NZドル/円
取引の概要 買い
取引時点の為替レート 1NZドル=90円(注2)
  1. (注1)ここではレバレッジ1倍を例に挙げていますが、レバレッジを効かせた取引も可能。ただし、レバレッジが高いほどリスクも高くなります。
    FXのリスクを理解する
  2. (注2)為替レートは、常時変動し、短時間に急激に変動する場合があります。その場合、当初投資元本を超える損失を被ることがあります。

「ノムラFX」のNZドル/円(買い)スワップポイント 2014年11月から2015年4月実績(1万NZドルあたり)

日々のスワップポイントの受取金額(2015年4月) 1ヵ月間、NZドル/円を買った状態を維持すると1万NZドルあたり2,598円受け取り!(税金は考慮していません)

上記のスワップポイントの推移は、過去の実績を示したものであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

  • ご注意
    スワップポイントは、取引対象である通貨の金利の変動によっては、取引当初期待していたようなスワップポイントが享受できない場合やスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。
スワップポイントの確認方法

野村ネット&コールの取引画面で、スワップポイントを確認できます。

「投資情報」をクリックし、「スワップ/受渡日情報」を選択する。より高金利の通貨の買いであれば建玉数量相当のスワップポイントをコツコツ受け取れます。※スワップポイントの受払額は、金利情勢等によっても変化し、場合によっては損失が生じる場合がありますので注意が必要です。

取引の際の注意点

中・長期で売買してスワップポイントをコツコツ受け取る取引手法では、あらかじめ以下の点に十分注意をする必要があります。

  1. (1)スワップポイントを"支払う"場合もある
    低金利通貨を売って高金利通貨を買い、保有し続ければ、スワップポイントを得られますが、反対に、高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合、スワップポイントを支払う必要が出てきます。
  2. (2)「金利変動リスク」と「為替変動リスク」がある
    FXにおいては、「金利変動リスク」および「為替変動リスク」の2つのリスクがあります。「金利変動リスク」とは、取引対象である通貨の金利水準が変動することで損失が生まれてしまうことであり、「為替変動リスク」とは取引対象である通貨の価格の変動などにより損失が生まれてしまうことです。
  3. (3)スワップポイントの受け取りのタイミング
    スワップポイントは、建玉保有中は評価損益として計上され、建玉を決済した受渡日に出金が可能です。
  4. (4)証拠金維持率をしっかり管理する
    本来必要な証拠金に対して、評価損益等を含めた現在の証拠金額の割合を証拠金維持率といいますが、この証拠金維持率に応じてロスカットが適用されるので注意が必要です。レバレッジを低く押さえて建玉を中・長期で保有するためには、証拠金維持率を日々チェックして資金管理することが大切です。証拠金維持率が高いほどレバレッジは低くおさえられていることになります。
  5. (5)カントリーリスクに注意する
    外貨に投資する場合には、通貨発行国の国情の変化(政治・経済・取引規制等)等により、損失が生じるおそれがあります。

今すぐ!口座開設(無料)

野村ネット&コール カスタマーサポート

投資に はここ

0120-142-855
【利用できない場合】
042-303-8500

平日 8:4020:00 
土日 9:0017:00

(祝日・年末年始を除く)

  • 電話番号の前に186(電話番号通知)をダイヤル(プッシュ)していただくことでご利用いただけます。
  • ご利用の際にはおかけまちがえのないようご注意ください。
  • 時間帯により、電話が集中しつながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

ノムラFXのお取引に関するご注意事項

ノムラFX(店頭外国為替証拠金取引)のお取引には、取引手数料はかかりません。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。また、非対円通貨取引においては円貨への換算に伴うスプレッドがあります。スプレッドは、市場の状況によって変化いたしますので常に一定ではありません。
ノムラFXのお取引にかかる証拠金の額は、取引額に証拠金率4%を乗じることにより算出されます。取引額の証拠金の額に対する比率(レバレッジ)は、最大25倍になります。
ノムラFXは、取引対象である通貨の価格の変動(非対円通貨取引である場合には、当該通貨ペアの基準通貨である米ドルの円に対する価格の変動を含みます)により損失を被る可能性があります。取引する通貨ペアで、より高金利の通貨を売付ける場合、スワップポイントの支払が発生します。金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。また、当社の業務・財産状況が悪化した場合には、お客様が損失を被る可能性があります。
ノムラFXは、実際のお取引の額が証拠金の額より大きいため、その損失の額が、差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。 お客様の証拠金維持率が当社の定める水準を下回った場合、お客様のご意思に関わらず、未決済建玉の全てに対して自動的に反対売買を行います(ロスカットルール)。ロスカットの場合でも、相場の急激な変動により損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
実際のお取引の際には、店頭外国為替証拠金取引【ノムラFX】の契約締結前交付書面(野村ネット&コール用)等をよくお読みいただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身でご判断ください。

  • 証拠金率は、当社の判断により変更される場合があります。