お金のこと、暮らしのこと FPが疑問に答えます! CFP®梅津 CFPとは「プロフェッショナル FP」の証。資産運用、相続などのアドバイスを行う専門家。

FILE 03:「ねんきん定期便の確認ポイントは?」

2019年11月7日時点の情報です。

最低限、2つのポイントを押さえておきましょう!

「ねんきん定期便」は、国民年金および厚生年金保険に加入している方を対象に、毎年誕生月に日本年金機構から届くハガキ(注)です。
このハガキには、これまでに納付した保険料などの大切な情報が記載されています。すべての内容をしっかり把握していただくことが理想ですが、まずは最低限、以下の2つのポイントだけは押さえておきましょう。

1日生まれの方は、誕生月の前月に送られてきます。
35・45・59歳になる年には、ハガキではなく、より詳細に記載された封書が送られてきます。

ねんきん定期便(ハガキ)見本

〇50歳未満

〇50歳以上

(出所)「日本年金機構ホームページ」より野村證券作成

①年金加入期間

国民年金や厚生年金の加入履歴が記載されています。(将来、老齢年金を受け取るためには、保険料を納めた期間と免除された期間を合算して10年[=120月]以上必要です。)
年金を納めている期間が短くなると受け取れる老齢年金の金額に影響があるので、未加入期間(未納期間)が発生していないかを必ず確認しましょう。

②将来の年金見込み額(年額)

加入実績や保険料納付状況から算出された将来受け取れる年金見込み額が記載されています。
【50歳未満の方】
これまでの加入期間に基づいた年金額が記載されています。今後納めていく分まで加算されているわけではないため、基本的に実際の給付額より少ない金額が記載されていると考えてください。
【50歳以上の方】
現在の収入水準を維持したまま、年金加入状態を60歳まで継続した場合の見込み額が記載されています。つまり、実際の受け取り額に近い年金額を確認することができます。
厚生年金に加入されている方は、今後の収入次第で見込み額が変化していくため、毎年チェックしていくのが良いでしょう。

また、パソコンやスマートフォンからいつでも最新の年金記録を確認できる「ねんきんネット」のご利用もオススメです。年金情報の確認だけではなく、年金受取開始の年齢を「繰り上げ」「繰り下げ」した場合など、さまざまな条件に応じた試算もできるので便利です。

毎年届く「ねんきん定期便」で、ご自身の年金見込み額などを確認したら、ぜひ今後の“ライフプラン”について考えてみてください。
年金のこと、資産づくりのこと…何かご不明な点があれば、一度プロに相談してみるのも良いでしょう。

野村はお客様の「資産づくり」をお手伝いいたします

不安を少しでも軽くするなら…
ライフプランについて野村に相談してじっくり考える

お電話または店舗で、無料でご相談いただけます。
お持ちの口座によって、サービス内容やお申込方法が異なりますのでご注意ください。

「各店舗(本・支店)」に
口座をお持ちのお客様対象
ー コンサルティングサービス ー

店舗検索

「野村ネット&コール・ほっとダイレクト」に
口座をお持ちのお客様対象
ー ライフプランニングサービス ー

電話サポート詳細

人生100年時代!
投信積立で「長生きリスク」に備える

投信積立

投信積立とは、毎月1回、あらかじめ指定した投資信託(ファンド)に決まった金額を投資する積立サービスの一つです。まとまった資金がなくても手軽に始めることができます。

「投信積立」の詳細やご留意事項はこちら

税制メリットを得ながら
コツコツ手間なく積み立てられる制度を活用

つみたてNISA

つみたてNISA口座を開設すると、最長で20年、最大800万円まで「非課税」で投資することが可能。長期・積立・分散投資を行うことで安定的な運用を目指します。

つみたてNISAの詳細やご留意事項はこちら

iDeCo

セカンドライフの資金作りにピッタリなiDeCo(個人型確定拠出年金)。月々の掛金を積み立てし、60歳以降の年金に上乗せして備えることが出来ます。

iDeCoの詳細やご留意事項はこちら

「ライフプラン」を考える上でのヒントが満載!

様々なライフイベントが待ち受ける世代が
知りたい情報が盛りだくさん

20代~40代のお金のハナシ

現役世代のお金事情、自分の未来を「見える化」できる資産シミュレーション、未来のために今すべきことなどをご紹介。

老後の時間が長期化する今にきっと役立つ!
「人生100年時代」を生き抜くためのコツ

50代・60代のお金のハナシ

“資産寿命”をのばす方法、お金の課題の把握、資産シミュレーション、資産づくりの方法などをご紹介。