お役立ちコラム

お金について、生活について、将来について、色々な切り口のコラムを掲載しています。

2019.07.03

【20代~40代調査】 資産づくりを始めている人はどれくらい?

今後の人生設計…各世代が気にしているポイントが見えてくる!

当社では、2019年4月に野村證券に口座をお持ちのお客様を対象に「ライフプラン(将来に向けた資産形成)に関するアンケート」を実施し、2,834名の方からご回答をいただきました。アンケートにお答えいただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

資産づくりをするにあたっての「気になるポイント」や「対策」「お悩み」など…。皆様のご回答を見てみると、お金のことや生き方に対しての意識の高さがうかがえました。
今回は、お寄せいただいた声の中から、20代~40代の皆様にスポットを当て、一部を抜粋してご紹介いたします。ご自身の意識とどのような違いがあるのかチェックしてみると、違った世界が見えてくるかもしれませんね。

気になるポイントは「病気やケガ」、「住宅」?それとも…?

「ライフプラン(将来に向けた資産形成)を考えるにあたり気になるポイント」と聞かれて何を思い浮かべるでしょうか?「子育て・教育」「病気やケガ」「就職・転職」など、挙げていけばいくつもありますよね。
世代によって違いが見えたアンケート結果をチェックしてみましょう。

Q.ライフプラン(将来に向けた資産形成)を考えるにあたり
気になるポイントをお聞かせください(注)※複数回答可

「ライフプラン(将来に向けた資産形成)を考えるにあたり気になるポイント」の回答 「ライフプラン(将来に向けた資産形成)を考えるにあたり気になるポイント」の回答

  • (注)年代別のアンケート回答総数に対する各回答の割合となります。

20代・30代は「子育て・教育」が一番多く、僅差で二番手が「住宅関連」となっています。
結婚・出産を経て、子どもにかかるお金や、マイホームの購入・ローンなどを気にされている方が多いようです。

40代は「退職」が多いのが目立ちます。また、フリー回答では、「早期退職によるリタイア後のライフプラン」とお答えいただいた方も。
これまではひとつの会社で60歳まで勤めあげ、退職後は年金生活を送るのが一般的でした。
しかし時代が変わってきたことで、退職タイミングを65歳や70歳に延長したり、早期退職してセカンドキャリアを築いたりと、退職後の選択肢も多種多様になってきています。そんな中、「退職」というイベントを軸にライフプランを組み立てようとお考えの方が多いのかもしれませんね。

また、「自分や家族の病気やケガ」を気にされる方も多くいらっしゃいました。ご自身のことはもちろんですが、親や子どもの健康が心配なのは納得の結果といえそうです。

すでに資産づくりを始めている方、大多数!

続いてチェックしたいのが、ライフプラン(将来に向けた資産形成)に向けた対策についてです。
「資産づくりを始めている」が圧倒的に多いという結果になりました。アンケートにお答えいただいた方は、資産づくりへの意識が高い方が多いようですね。

Q.ライフプラン(将来に向けた資産形成)に向けた
対策についてお聞かせください※単一回答

「ライフプラン(将来に向けた資産形成)に向けた対策について」の回答 「ライフプラン(将来に向けた資産形成)に向けた対策について」の回答

アンケート結果を細かく見ていくと、個人での投資や、会社の制度を活用して「資産づくり」を始めている方が大多数なものの、「今後のライフイベントにかかるお金」について“具体的に”把握できていない方もいるようです。

資産づくりを行っていく上で大切になるポイントは、ズバリ「目的を明確にすること」です。
目的を明確にするためには、結婚・教育・住宅・老後など、「お金が必要となる今後のライフイベント」についてしっかり把握しておく必要があります。すでに資産づくりを始めている方でも、改めて“目的”を考えてみると、「資産のつくり方」の視野が広がるかもしれません。

例えば、
●子どもにかかる学費を、私立の場合や公立の場合などケースごと具体的に試算する。
●住宅の購入やリフォームのタイミングと金額感をイメージし、いつまでにいくら用意しておくかを具体的に試算する。
●退職金や将来の年金受取額を把握した上で、退職後の生活費を賄えるか確認し、不足する場合はどれくらいの金額になるのか試算する。

上記の通り、資産づくりの目的と、「いつ・いくら必要になるのか」の目標金額を明確にしておくことで、その資産をどうやってつくっていけば良いかなどが見えてきます。よって、より賢く将来に備えることが可能になります。
とはいってもなかなか自分だけで考えるのは難しいですよね…。
シミュレーションページなどを活用して、今後のライフイベントをイメージし、目標金額を明確にしてみてはいかがでしょうか?

自分の未来を見える化しよう

シミュレーションをしてみる

共感の嵐?「悩んでいること」や「知りたいこと」

特に興味深いお声を沢山いただいたのが、ライフプラン(将来に向けた資産形成)で、現在悩んでいることや、知りたいと思っていることについてです。
20代・30代・40代、それぞれ置かれている状況や考えていることは様々ですが、多くの方が共感できるお声が集まったのではないでしょうか。
「知りたいこと」については、オススメのページも併せてご紹介!ぜひチェックしてみてください。

悩んでいること

「ライフプラン(将来に向けた資産形成)で現在悩んでいること」の回答 「ライフプラン(将来に向けた資産形成)で現在悩んでいること」の回答

知りたいこと

資産形成における金融商品の
選び方や投資の手法を知りたい

そんな方へオススメのページ「積立投資」資産づくりの強い味方

いざ資産づくりをスタートしようと思っても、何から始めればいいか分からないですよね。
「積立投資」とは、まとまった資金を一度に投資する手法とは違い、毎月一定の金額を、時間をかけて継続的に投資します。資産づくりをするなら強い味方となってくれるサービスです。

詳しく見る

役に立つサービスや制度についての詳細を知りたい

そんな方へオススメのページいいことプラス!あの積立サービスでちゃっかり賢い新生活

「賢いお金の活用方法」にフォーカス!
旅行や買い物、そしてこれから起こるであろうライフイベントなど。それぞれの目的に合わせて、賢くお金を管理・活用するための考え方やサービスのご紹介。

詳しく見る

いかがでしたか?こうやって周りの人が抱えている不安や疑問を見てみると、自分自身との共通点や違いが見えてきて、改めてライフプランや資産づくりについて考える機会になりますよね。

50代以上の方のお声も含めた全体のアンケート結果も、以下からご確認いただけます。
ぜひ併せてチェックしてみてください。

あれが不安、これが疑問…
「ライフプラン」実態調査!

アンケート結果を見る

「20代~40代のお金」
についてもっと知りたい!

疑問や不安をいっしょに
解消していきましょう

【本ページに記載されている調査概要について】
■実施主体:野村證券
■調査対象:野村證券に口座をお持ちのお客様
■調査方法:メールによるアンケートを実施
■調査期間:2019年4月5日(金)~2019年4月19日(金)
■有効回答数:2,834件(内、20代~40代の回答数 553件)

FPが疑問に答えます!

お金のこと、暮らしのこと…さまざまな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?
そんな疑問一つひとつに、FP(ファイナンシャルプランナー)が回答します。

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.43%(税込み)(20万円以下の場合は、2,860円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険・終身医療保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに11,000円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。