口座数は530万口座超!ネットで簡単・便利に資産運用をはじめるなら 野村證券(IPO国内シェアNo.1(注1))

野村證券を選ぶメリットは?

多くのお客様にパートナーとして選ばれています!

口座数
535万
口座

NISA開設口座数(累計)
159万
口座

預り資産
122兆

  • 「口座数」…残あり顧客口座数、「NISA開設口座数(累計)」…ジュニアNISAを含む、「預り資産」…顧客資産残高
  • 「口座数」「NISA開設口座数(累計)」「預り資産」の数値は、端数処理(四捨五入)を行っております。2022年3月末時点(当社調べ)

メリット1IPO国内シェアNo.1(注1)

IPO国内シェアNo.1(注1)・業界トップクラスの主幹事数で、当せんチャンスが豊富!

野村證券のIPOは、IPO国内シェアNo.1(注1)を誇り、数多くの銘柄を取り扱っています。
また、主幹事数も業界トップクラスであるため、多くの当せんチャンスが期待でき、大規模IPOも購入しやすくなっています。

金額

IPO国内シェア
No.1
(注1)

主幹事数

証券業界トップクラス
27
銘柄(注3)

  • (注1)出所:Refinitive。2021年(暦年)リーグテーブルのデータより当社調べ。金額は、新株式発行に係る金額又は調達額ではなく、ディールサイズ(募集、売出し、オーバーアロットメントによる売出しの合計金額)から親引けに係る金額を控除した金額
  • (注3)2021年IPO取扱銘柄のうち、当社が主幹事の銘柄

2021年 IPO取扱銘柄の一例

上場日 銘柄コード 市場 銘柄名 業種
4/22 4194 東証マザーズ ビジョナル株式会社 情報・通信
6/30 4071 東証マザーズ 株式会社プラスアルファ・コンサルティング 情報・通信
3/16 4432 東証1部 ウイングアーク1st株式会社 情報・通信
12/21 6524 東証2部 湖北工業株式会社 電気機器
6/22 4489 東証マザーズ 株式会社ペイロール 情報・通信
前へ
次へ
  • (出所)2021年 IPO取扱銘柄のうち、ディールサイズ(公募・売出の合計金額(オーバーアロットメントを含む))上位5銘柄を抜粋(当社が主幹事の銘柄のみ)
  • 上表の内容は、すべて新規上場時点のものです。その後、合併・買収、銘柄名(商号)の変更、等が行われている場合がございますので、最新の情報はご自身でご確認ください。

抽選参加時の事前入金は不要、はじめての方も平等の当せん確率

前受金が不要

野村のIPOは、抽選参加時の前受金が不要。そのため、気になった銘柄に申し込んでから、当せん後に入金して購入していただくことも可能です。

当せん確率は平等(注2)

オンライン取引の場合は完全抽選。一人一口での抽選となるため、はじめて野村とお取引する方も、当せん確率は平等です。

  • (注2)オンライン抽選の場合

メリット2質の高い投資信託が充実

長年培った豊富な知識と実績による、厳選ファンドをご用意しています!

野村證券では、長きにわたる実績とグローバルに展開された情報ネットワークを活かして、国内外のファンドを厳選し、ご用意しています。
また、購入時だけでなく購入後も安心して長く運用していただけるよう、野村グループとして、ファンドの調査・分析・評価を継続的に実施しています。

当社が厳選した取扱ファンドの一例

野村スリーゼロ先進国株式投信

信託報酬 業界最安 0円のイメージ

ファンドの特長

  • 業界最安(注4)の信託報酬0円(注5)(2030年末まで)
  • 購入時手数料、信託財産留保額についても0円
  • 先進国株式で運用し、資産に海外の成長を取り込む
  • (注4)2022年1月31日現在、国内公募株式投資信託について野村アセットマネジメント調べ。
  • (注5)2030年12月31日までの信託報酬率を0%とします。2031年1月1日以降の信託報酬率は0.11%(税抜0.10%)以内の率とするものとし、同種ファンドにおける業界最低水準を目指して決定致します。
  • 当ファンドに関する投資リスク・手数料等は、下記リンク先ページの目論見書等をご確認ください。
  • オンラインサービスからのみお申し込みいただけます。つみたてNISA口座を開設済であり、また、原則、メールアドレス・Web交付サービス・メール交付サービスの3点がご登録済のお客様が対象です。

野村スリーゼロ先進国株式投信について詳しくはこちら

厳選ラインアップ 「グローバル・メジャー・ファンズ」

さまざまな調査・分析を行い、世界経済の繁栄を享受するための答えのひとつとして、時代の変化にとらわれない最高品質のファンドを厳選しております。

グローバル・メジャー・ファンズについて詳しくはこちら

ラインアップされたファンドの特長

  • さまざまな景気の波を乗り越えてきた良好な運用実績がある
  • 同様の運用手法を今後も一貫して継続する可能性が高い

ラインアップはこちら

  • 各ファンドに関する投資リスク・手数料等は、各コース名をクリックのうえ「商品説明資料」または「目論見書」等でご確認ください。
株式ファンド

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信

高い利益成長もしくは持続的な成長が期待できる米国企業に厳選投資

Aコース(為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(為替ヘッジなし)の詳細


ティー・ロウ・プライス 米国割安優良株式ファンド

成長株投資家として培った調査力を活用し、企業の本質的価値や成長要因を見極め、優良銘柄の相対的に割安なタイミングを捉えた機動的な運用を行う

Aコース(為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(為替ヘッジなし)の詳細


フィデリティ・世界割安成長株投信
愛称:テンバガー・ハンター

企業の本源的価値を見極め、長期的な成長力と株価の割安度に注目

Aコース(為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(為替ヘッジなし)の詳細


ティー・ロウ・プライス 世界厳選成長株式ファンド

アクティブ運用で世界を先導

Aコース(資産成長型・為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(資産成長型・為替ヘッジなし)の詳細


キャピタル世界株式ファンド

グローバル投資に新たな視点を

キャピタル世界株式ファンド(限定為替ヘッジ)の詳細

キャピタル世界株式ファンドの詳細


ワールド・バリュー・アロケーション

事実。どんな時代でも、力強く飛び続ける

Aコース(為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(為替ヘッジなし)の詳細


フィデリティ・米国株式ファンド

単独マネージャーとして米国最大のアクティブ型ファンド

Aコース(資産成長型・為替ヘッジあり)の詳細

Bコース(資産成長型・為替ヘッジなし)の詳細


ニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンド(資産成長型)
愛称:エマージング・セレクト(成長)

ESGに着目し、“質の高い成長企業”を厳選!

ファンドの詳細

債券ファンド

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド

世界最大級の債券運用会社 PIMCOが運用

Aコース(為替ヘッジあり 年2回決算型)の詳細

Bコース(為替ヘッジなし 年2回決算型)の詳細


野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)

円コース(年2回決算型)の詳細

米ドルコース(年2回決算型)の詳細

バランス型ファンド

JPMベスト・インカム

世界の投資家から注目を集める運用戦略

年1回決算型の詳細

メリット3高機能ツールや投資情報が無料

野村證券では、資産運用にご活用いただけるサービスが充実!

見やすく使いやすい野村のオンラインサービス

ご資産をリアルタイムで簡単確認のイメージ

ご資産をリアルタイムで簡単確認

お預り資産状況をリアルタイムで表示します。(注6)
お預り資産評価額の構成比率を、見た目に分かりやすいグラフでご覧いただけます。

  • (注6)ラップ口座を除く。

画面サンプルを見る

スムーズなお取引が可能のイメージ

スムーズなお取引が可能

お預り資産画面から直接、売買注文することができるので、すぐにお取引を開始することができます。

画面サンプルを見る

高機能ツールで銘柄分析・管理のイメージ

高機能ツールで銘柄分析・管理

株価やニュースのチェック、RSI、MACD、RCI等の各種チャートでさまざまな角度からの分析が可能。同じ画面から直接売買ができます。

画面サンプルを見る

タイムリーな情報を得られる、野村の投資情報

経済・金融動向、世界の市場・為替、銘柄分析など、野村が誇る専門家による調査レポートをご提供しております。
週次で更新を行っているレポートも多く常にタイムリーな情報をご覧いただけます。

週刊 野村市場展望のイメージ

週刊 野村市場展望

毎週のマーケット情報を凝縮した週刊レポートです。個別銘柄や業界テーマについての分析、スクリーニング情報なども随時掲載しています。

サンプルを見る

Nomura21 Globalのイメージ

Nomura21 Global

経済環境を分析し、成長が期待される分野を導き出し、銘柄を選定して毎月ご紹介しています。また、相場展望、投資テーマについても解説します。

サンプルを見る

銘柄ピックアップのイメージ

銘柄ピックアップ

当社、投資情報部が発信するレポート(テーマ銘柄、注目テーマ)から、話題の投資テーマに関連する国内外の銘柄をご紹介します。

サンプルを見る

  • 本ページに掲載した画面、レポート等はいずれもイメージです。

投資をはじめるなら野村證券で

ネットで口座開設

インターネットでお取引ができます。最短10分で口座開設が可能です。

  • 野村ネット&コールでの口座開設となります。

まずは店舗でご相談

口座をお持ちでない方でも店舗にてご相談いただけます。ご予約の際にお近くの店舗をお選びください。

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下「感染拡大防止に向けた来店時のお願い」および各店舗の情報をご確認の上、ご予約ください。

支店検索

感染拡大防止に向けた来店時のお願い

口座開設のお手続きについて

お手続き時に必要なもの

「マイナンバーカード」
または
「通知カード+運転免許証またはパスポート」

  • 以下のものはご利用いただけませんので、ご注意ください。
  • 現在のご住所・お名前が記載されていないもの
  • 2020年2月4日以降に申請したパスポート(所持人記入欄がないため)
  • 個人番号通知書

お手続きの流れ

STEP1

メールアドレス仮登録・お申し込み用URLが記載されたメールの受信

STEP2

画像アップロード・必要事項の入力

STEP3

口座開設の受付完了

STEP4

お取引開始

充実のサポート体制

お客様のニーズに合わせたサポート体制で、初心者の方でも始めやすい!

野村のサポート体制は店舗だけではありません。
困った時はコールセンターやネットからもお問い合わせ可能で、速やかに解決に至るよう、お客様のニーズに合わせた方法でサポートしています。

つながりやすく、土日も対応のコールセンター

お困りの際に迅速に問題解決できるよう、全国トップレベルの規模のコールセンター体制を用意しております。
また、オペレーターは全員外務員資格を持ち、確かな知識でお応えします。

全国トップレベルの規模で
つながりやすい

オペレーター全員が
外務員資格を所有

週末も受付可能
(祝日・年末年始を除く)

HDI格付けベンチマーク 五つ星

HDI五つ星画像のイメージ

<問合わせ窓口><Webサポート>2部門で五つ星認証!

五つ星認証とは、HDI-Japanが提供するサポートサービスの格付け調査で最高評価の三つ星獲得に加え、五つ星認証プログラムの基準をクリアしたサポートセンターの証しです。

投資をはじめるなら野村證券で

ネットで口座開設

インターネットでお取引ができます。最短10分で口座開設が可能です。

  • 野村ネット&コールでの口座開設となります。

まずは店舗でご相談

口座をお持ちでない方でも店舗にてご相談いただけます。ご予約の際にお近くの店舗をお選びください。

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下「感染拡大防止に向けた来店時のお願い」および各店舗の情報をご確認の上、ご予約ください。

支店検索

感染拡大防止に向けた来店時のお願い

5分で分かる「野村證券ってどんな会社?」

誕生から90年以上の歴史、野村證券は、国内証券最大の店舗数で全国に展開し、お客様の大切な資産を運用しております。
商品のラインアップや、リサーチに関して、また、外部評価等も合わせて数字でご紹介いたします。

詳しくはこちら

知っておきたい・利用したい 野村のサービス

インターネットでの入金方法や預金関連サービスなど、野村證券で投資をはじめるにあたり、知っておきたい・利用したいサービスをご紹介いたします。

詳しくはこちら

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.43%(税込み)(20万円以下の場合は、2,860円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険・終身医療保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに11,000円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

IPO/POの手数料等およびリスクについて

募集または売出し株式(国内REIT、国内インフラファンドを含む)を購入する場合は、原則として購入対価のみお支払いいただきます。株式は、株式相場の変動や当該事業会社等の経営・財務状況、信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生ずるおそれがあります。なお、国内REITは運用する不動産の、国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、目論見書および契約締結前交付書面をよくお読みください。

投資信託の手数料等およびリスクについて

投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、お申込み金額に対して最大5.5%(税込み)の購入時手数料(換金時手数料)をいただきます。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大2.0%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大5.5%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動します。従って損失が生じるおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。また、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合がありますので、ご投資にあたっては目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。