“まもりながら”投資する ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンド 愛称:ほっとステップ 追加型投信/内外/債券

できれば資産をふやしたいけど、
損をするのは怖い…

ストップライン付き野村ワールドボンドファンドは、
基準価額9,500円よりも下回ることはない
損失を限定させる仕組みの新しいタイプのファンドです。

ストップライン付き
野村ワールドボンドファンドは、
基準価額9,500円よりも
下回ることはない
損失を限定させる仕組み
新しいタイプのファンドです。

投資の一歩を踏み出せないでいる
投資初心者の方や、
分散投資のひとつとして
このファンドを活用されてみては
いかがでしょうか。

損失を限定する
3つの仕組みとは!

基準価額があらかじめ定められた
水準(ストップライン)を
下回らない仕組み。

【 基準価額が10,000円
ストップラインが9,500円の場合 】

基準価額があらかじめ定められた水準(ストップライン)を下回らない仕組み。のイメージ

ファンドでは、基準価額がストップラインを下回らないことを目的とした契約を締結することで損失限定を図りますが、契約の相手方の倒産等により契約が履行されない場合には、基準価額および償還価額がストップラインを下回る可能性があります。

  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

ストップラインと基準価額の
差に応じて、
下値抑制を
図る仕組み。

ストップラインと基準価額の差に応じて、下値抑制を図る仕組み。のイメージ

基準価額の下落に伴い「グローバル債券マザーファンド」の組入比率が低下すると、債券市場の下落による基準価額への影響を抑制できますが、一方で、債券市場が上昇した場合にはその恩恵が十分に受けられないこととなります。

  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

基準価額が上昇すると、
ストップラインも
引き上がる仕組み。

【 ストップライン引き上げのイメージ 】

基準価額が上昇すると、ストップラインも引き上がる仕組み。のイメージ
  • ファンドの最大損失率が8%であることを示唆するものではありません。
  • 設定当初のストップラインは9,500円です。ストップラインを引き下げることはありません。
  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

世界の債券等へ投資する
安定的なリターン運用

安全性の高い国債等へ投資

安全性の高い国債等へ投資のイメージ

日本を含む先進国の国債等を中心に投資します。また、為替変動による値動きの影響を抑える運用をおこないます。

安定的なリターンを
目指した運用

安定的なリターンを目指した運用のイメージ

安定したリターンを生み出すために、投資する国や地域、個別債券の選定を行います。金利が上昇する局面などでは、為替変動を利用したリターンの獲得も目指します。

ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンド

ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンドの投資リスク・費用等などは、商品説明資料でご確認ください。

商品説明資料(詳細版)

野村證券に口座を
お持ちのお客様

ファンドの基本情報・
ご購入はこちら
(ログイン)

野村證券に口座をお持ちでないお客様

Webで口座開設

投資信託の手数料等およびリスクについて

投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、お申込み金額に対して最大5.4%(税込み)の購入時手数料(換金時手数料)をいただきます。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大2.0%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大5.4%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動します。従って損失が生じるおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。また、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合がありますので、ご投資にあたっては目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

「投資信託の収益分配金」および「通貨選択型投資信託の収益/損失」に関するご説明PDFを開く

Adobe Reader ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード新しいウィンドウで開きます