株主優待

もらってうれしい!株主優待銘柄の探し方

株主優待とは、企業が株主にむけて、サービスや自社商品などを提供するものです。「いつも当社を応援してくれてありがとう」といった、企業からの"感謝のしるし"とお考えになればわかりやすいでしょう。
ここでは、数ある株主優待銘柄から、ご自身に適した銘柄をどのように見つければよいか、その探し方をご紹介します。

少額で、無理なくはじめるNISAコツコツ投資

購入前に知っておこう!

さっそく優待銘柄選び…と行きたいところですが、株主優待狙いの銘柄探しには注意しておくべき点もいくつかあります。
後で「しまった!」ということがないように、しっかり確認しておきましょう。

株主優待を受ける

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.026%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,668円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。