野村ネット&コール - 会社四季報や指標情報で分析する -

個別銘柄に関する情報をさまざまな切り口で閲覧できるツールを多数ご用意しています。お客様の目的にあわせて各種ツールをお選びになれます。

会社四季報

口座開設をすると、四半期ごと(3月、6月、9月、12月)に発売される、東洋経済新報社発行の「会社四季報」の最新情報を無料でご覧になれます。

機能と特徴

会社四季報の発売と同時にデータを更新

会社四季報のデータ更新は、年4回(3、6、9、12月)発売日と同時に行われますので、企業の最新情報をすぐに閲覧することができます。

更新されるデータは、会社四季報に掲載されている、「基礎/財務構成」、「業績/株主構成」、「資本異動/役員等」の銘柄情報がご覧になれます。

気になる銘柄の詳細な企業情報を知りたいと思ったときに、お役立てください。

株主優待

株主優待を実施している全上場企業の優待情報を検索できます。

機能と特徴

株主優待の内容からも検索可能

検索は銘柄からだけではなく、ご希望の優待内容からも検索ができます。6つのジャンル(食品、金券、レジャー、趣味、アクセサリ、暮らし)の中から、具体的な優待内容を選択して、ご希望の優待を提供している銘柄を見つけることができます。

また、投資金額の設定や権利確定月(優待権利がもらえる月)で検索できるので、投資資金や希望時期を絞り込んで該当銘柄を見つけることもできます。

気になる株主優待を登録できる

優待検索をしていて、気になる優待が複数あるときは、銘柄をリストに登録しておき、後でまとめて確認することもできます。

ランキングから人気の優待銘柄がわかる

野村ネット&コール、野村證券ホームページ、野村ホームトレードに掲載の株主優待の月間閲覧数をもとに算出したランキング表示があり、そこから人気の優待銘柄が分かります。

ランキングは、総合ランキングと月別ランキングがご覧になれます。ここからその月に優待権利を得るために買われるであろう銘柄を分析することもできます。

決算・開示情報

企業の決算発表予定日を確認できる「決算カレンダー」と、企業が公表した資料を検索できる「適時開示情報」が閲覧できます。

機能と特徴

決算カレンダーで決算発表日を確認!

カレンダー形式で、日別の決算発表銘柄(予定を含む)の一覧や、個別銘柄を検索して決算日を知ることができます。また、一覧表には銘柄の「通期予想」「実績」等の経常利益の数値等が表示されます。

  • 発表予定日は変更される場合がありますのでご注意ください。

適時開示情報一覧で発表された情報をチェック!

その日に適時開示情報を発表した銘柄を一覧で表示。開示情報を「決算短信」「業績予想修正」「配当関連」ごとの情報別に表示したり、過去7日までの情報を、銘柄別や日別に検索して、PDFデータを閲覧することができます。

個別銘柄情報チャート画面で株価の動きも見れる!

株価と適時開示情報の感応度を一目で把握できるよう、日足チャートの下に適時開示情報が開示された日を矢印で表示した個別銘柄情報チャートをご覧になれます。矢印をクリックすると、チャートの下に一覧表示されている開示情報リストの日付が反転表示して、どの開示情報かがわかります。

  • 適時開示情報は、東京証券取引所の第3次TDnetが稼動した2008年7月7日以降に配信されたデータのみが掲載されます。

QUICKスコア

個別銘柄をスコア(成績)で分析評価します。さらにファンダメンタルズとテクニカル指標のスコア分析の結果も確認できます。

機能と特徴

銘柄を10段階のスコア表示で分析評価

銘柄を成長性や割安性などの11個のスコア分析の項目にまとめ、それぞれ10段階の評価としてご覧になれます。

さらに、スコア分析の元となる、PERやROEなどの財務関連指標や、信用残、テクニカル指標などの株価動向の30指標も表示しています

パフォーマンスが一目で分かるレーダーチャート

11個のスコア分析をレーダーチャートで表示します。銘柄が属する業種平均のチャートと重ねて表示されるので、同業種内における銘柄パフォーマンスが一目で分かります。

業績推移

個別銘柄の過去数年の業績推移などの情報をグラフで確認できます。

機能と特徴

業績推移をグラフで表示

業績推移では、「売上高・経常利益・当期利益の推移」「ROE・ROAの推移」「自己資本比率推移」の過去4期実績をグラフで表示します。数値だけの情報に比べて、企業業績をよりわかりやすく理解することができます。

また、業績推移以外にも、「売上高構成比率」「資産・負債の比率」も図でご覧になれます。

銘柄比較

最大3銘柄まで同時に銘柄の業績推移などの情報を比較表示できます。

機能と特徴

3銘柄を同時に比較することができる

銘柄比較では3銘柄の主要項目をまとめて同時に比較して見ることができます。 比較できる情報は、「チャート」「価格情報」「投資指標」「会社属性」「業績」の項目です。これにより投資対象となる気になる銘柄を効率的に分析することができます。

売買シグナル

個別銘柄の過去の価格データで売買シミュレーションを行い、どのテクニカル指標に基づいて売買をしたら高い収益をあげることができたかを検証する投資情報ツールです。

機能と特徴

パフォーマンスの良いテクニカル指標を素早く確認

個別銘柄の過去の価格データでもっとも良いパフォーマンス(損益)を上げているテクニカル指標がわかるので、将来の投資戦略に役立たせることができます。

売買シミュレーションでは、「買いのみ」「売りのみ」「買い&売り」のそれぞれのパフォーマンスが分かります。さらに、売買回数や最近の売買サインが発生した日も分かります。

詳細リアルチャートで売買シグナルを確認

売買シグナル専用ツールの「詳細リアルチャート」との連動機能もあり、売買シミュレーションの結果を「詳細リアルチャート」で表示して確認することもできます。さらに条件を加えて詳細な売買シミュレーションをすることも可能です。

今すぐ!口座開設(無料)

<口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください>


 平日 8:4020:00 
 土日 9:0017:00 
(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えないようご注意ください。

本・支店と野村ネット&コールの違い(取扱商品・手数料比較)

手数料等およびリスクについて

当社で取扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は、2,808円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料(換金時手数料)および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険・養老保険の場合は商品ごとに設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引をご利用いただく場合は、所定の委託保証金または委託証拠金をいただきます。信用取引、先物・オプション取引には元本を超える損失が生じるおそれがあります。証券保管振替機構を通じて他の証券会社等へ株式等を移管する場合には、数量に応じて、移管する銘柄ごとに10,800円(税込み)を上限額として移管手数料をいただきます。有価証券や金銭のお預かりについては、料金をいただきません。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。