相続開始後のお手続き - ご提出いただく書類 -

相続手続きでは、遺言書の有無などによりご提出いただく書類が異なります。
相続手続きに必要な書類を確認してみましょう。

1 遺言書がありますか?
  1. お客様(被相続人)のお亡くなりになったことが確認できる戸籍謄本(除籍謄本(注1))または死亡証明書
  2. ご資産を引き継がれる相続人の印鑑登録証明書、遺言執行者が就任している場合は、遺言執行者の印鑑登録証明書
  3. 遺言書の写し
  4. 検認調書の写し(公正証書遺言以外の場合)
  5. 野村證券所定の相続手続き書類
  1. 除籍謄本とは、戸籍内の各人が死亡、婚姻などにより全員消除されると、その戸籍は戸籍簿から別のつづりの除籍簿に移されます。除籍簿に移った戸籍(除籍という)を全部写したものが除籍謄本です。
2 遺産分割協議書がありますか?
  1. お客様(被相続人)の出生からお亡くなりになるまでの連続した戸籍謄本(除籍謄本(注1)含む)または法定相続情報一覧図の写し(原本)
  2. 相続人全員を確認できる戸籍謄本(1で確認できる場合は不要)
  3. 遺産分割協議書の写し
  4. 相続人全員の印鑑登録証明書
  5. 野村證券所定の相続手続き書類
  1. 除籍謄本とは、戸籍内の各人が死亡、婚姻などにより全員消除されると、その戸籍は戸籍簿から別のつづりの除籍簿に移されます。除籍簿に移った戸籍(除籍という)を全部写したものが除籍謄本です。
  • 相続人により戸籍謄本の範囲が変わってきますのであらかじめご承知おきください。
3 相続人の皆様で遺産の分割協議が整っていますか?
  1. お客様(被相続人)の出生からお亡くなりになるまでの連続した戸籍謄本(除籍謄本(注1)含む)または法定相続情報一覧図の写し(原本)
  2. 相続人全員を確認できる戸籍謄本(1で確認できる場合は不要)
  3. 相続人全員の印鑑登録証明書
  4. 野村證券所定の相続手続き書類
  1. 除籍謄本とは、戸籍内の各人が死亡、婚姻などにより全員消除されると、その戸籍は戸籍簿から別のつづりの除籍簿に移されます。除籍簿に移った戸籍(除籍という)を全部写したものが除籍謄本です。
  • 相続人により戸籍謄本の範囲が変わってきますのであらかじめご承知おきください。
調停・審判による分割の場合
  1. 家庭裁判所の調停調書謄本または審判書謄本およびその確定証明書の写し
  2. ご資産を引き継がれる相続人の印鑑登録証明書
  3. 野村證券所定の相続手続き書類
4 上記が全て当てはまらない場合
  • 相続手続きには期限のあるものも多くあります。
  • 遺産分割協議が整いましたら、速やかに手続きを行ってください。
  • 野村證券所定の相続手続き書類は、お亡くなりになったお客様のお取引内容により異なります。
  • 相続手続きは個別性が強いため、場合によっては追加で書類をご提出いただくことがございます。あらかじめご了承ください。