2021.09.16 update

EL BORDEとは

2021.09.16 update

2018.04.26 NEW

お酒の後のシメにスイーツはアリ? 札幌発「シメパフェ」の実力とは!?

お酒の後のシメにスイーツはアリ? 札幌発「シメパフェ」の実力とは!?のイメージ

写真提供:「パフェテリア ベル(Parfairteria beL)」

写真提供:「パフェテリア ベル(Parfairteria beL)」

札幌から全国へと広がりを見せる新たな“シメ食文化”のムーブメント。お酒を飲んだ後にパフェを食べる「シメパフェ」人気の秘密に迫る!

お酒のシメにパフェ? すすきの発の新たなトレンド

「お酒を飲んだ後は何でシメる?」と聞くと、多くの人は“ラーメン”と答えるだろう。とはいえ、沖縄では“シメのステーキ”が当たり前だったり、宮崎では釜揚げうどんが定着していたりと、“お酒のシメ”には意外な地域性もある。日本の各地に根付くそんな“シメ文化”のなかでも、新たなトレンドとして大注目されているのが「シメパフェ」だ。

その名の通り、お酒を飲んだ後にパフェでシメる――。シメパフェ文化が生まれたのは、札幌の大歓楽街であるすすきの。2015年には、札幌市内でシメパフェを提供する複数の飲食店が「札幌シメパフェ推進委員会」を発足させ、積極的なPR活動でその注目度を全国区にまで高めてきた。

そもそも、終電の時間を過ぎても数多くの飲食店が営業するすすきのでは、ラーメンのみならずジンギスカンや寿司など“お酒のシメ”の選択肢も豊富。道産の良質な生乳やフルーツをふんだんに使ったパフェをお酒のシメとする習慣も、地元のスイーツ女子を中心に従来から支持されてきたスタイルだ。

飲み会帰りの客で賑わう、夜パフェ専門店に潜入!

パフェテリア ベル(Parfairteria beL)店内のイメージ

昨年の7月には静岡でも市民有志による「静岡シメパフェひろめ隊」が発足。そして9月には、東京・渋谷に夜カフェ専門店「パフェテリア ベル(Parfairteria beL)」が初上陸するなど、札幌発の“シメパフェ・ムーブメント”はじわじわと全国に広がっている。

とはいえ、“シメのラーメン”が当たり前だった男性ビジネスパーソンにとって、飲んだ後のパフェには大きな違和感が…。そこで話題のシメパフェを体験すべく、渋谷近辺での飲み会後に「パフェテリア ベル」へと向かった。

JR渋谷駅から近い雑居ビルの3階。隠れ家然とした立地のお店は、平日なのに行列ができるほど賑わっていた。店内は少し暗めで、木やコンクリートを基調とした内装は洒落たカフェバーのよう。やはり女性客の比率が高いが、同僚や彼女らしき女性に連れられた男性ビジネスパーソンの姿もちらほらと。

アイスをはじめとするすべてのパーツが店内で手作りされるパフェは、季節替わりで7種類がスタンバイ。赤白、スパークリングにシャンパーニュまでが揃うワインや自家製のサングリア、定番のカクテル類やウイスキーなど、アルコールメニューも驚くほど豊富だ。

酒との好相性と満足度の高さが“シメの一品”にぴったり!

もちろんパフェだけをオーダーしても良いが、飲み足りなければ好きなお酒を飲みつつ、パフェをいただくのが“札幌シメパフェ”の定番スタイル。「お酒やソフトドリンクとのお得なセットが人気ですよ」と店員さんに勧められ、ハウスウイスキーのロックと、ウイスキーに合いそうな“柑橘とティラミスのパフェ”を注文した。

ウイスキーを飲みながら待つことしばし、運ばれてきたのはカクテルグラスに鮮やかに盛り付けられたビジュアルインパクトも大なパフェ。一瞬、「どこから食べれば…」と迷いつつも、食べ進めればもう止まらない。甘さ控えめなソフトクリームやジェラート、果実などもたっぷり使用。それぞれのパーツや素材を活かした重層的な味わいが楽しめるから、シメの一品としての満足度が高く、何よりお酒とぴったりなのだ。

「オープン当初は女性のお客様がほとんどでしたが、最近は飲み会帰りの男性のお客様も増えています」とは店長さんの言葉。

週末はもちろん、平日でも飲み会帰りの客が増える遅めの時間は行列ができていることが多いが、「平日のオープン(17時)から20時までなら比較的待ち時間なくご案内できますよ」とも教えてくれた。

話のネタに…と一度試せば、虜になってしまいそうなシメパフェの魔力。今後はスイーツ女子だけでなく、男女問わず飲み会帰りのビジネスパーソンにも定番化しそう。EL BORDE読者の皆さんにも、ぜひ早めに体験しておいていただきたい新たな“シメ”のトレンドだ。

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

最新記事

記事一覧

あなたへのおすすめ

記事一覧

  • 野村金融アカデミー 金融のプロが教える! 今のあなたに必要な、未来のためのお金の知識。 詳しくはこちら
  • 先行き不透明な時代を生き抜く 資産形成を始める前に読みたい記事5選 初級編 詳しくはこちら
  • 2025年には110兆円規模!? 世界の人口増と共に拡大「水関連ビジネス」への投資
マネー 資産形成・運用 お金の教養 金融トレンド NISA つみたてNISA iDeCo 国内株式 IPO 投資 株式投資 配当金 株主優待 投資信託 積立投資 為替 投資初心者 投資家 ESG 保険 年金 ローン 住宅ローン 税金 節税 預金・貯金 教育費 家計 フィンテック キャッシュレス 電子マネー 昇給 ビジネス ビジネススキル キャリア 出世 働き方 リモートワーク 効率化 チーム ルーティン 副業 起業 マーケティング 経営 ビジネス書 テクノロジー 未来予測 サイエンス AI ブロックチェーン IOT 5G 宇宙 医療 IT SDGs サスティナブル DX ヘルステック コミュニケーション サブスクリプション SNS ライフ ライフプラン 結婚 子育て マイホーム 自動車 共働き 老後 ライフハック 教養 クリエイティブ 常識 ヘルスケア アプリ ファッション 片付け 新型コロナウイルス ニューノーマル 趣味 スポーツ 旅行 ゲーム 食・グルメ アート 記事タイプ インタビュー 偉人・著名人 書籍・ベストセラー 調査 トレンド 知識・スキルアップ 自分磨き

ページの先頭へ