マーケット解説動画

野村の専門家によるグローバルなリサーチ体制に基づく投資情報や相場分析や、投資に役立つさまざまな情報を動画でお届けします。

新着動画

テクニカル展望(毎週金曜更新)

日経平均株価のチャートを中心に今後の高値、安値のメドやトレンドを探ります。

日経平均、戻り歩調へ(02/16更新)

・1週間の振り返り
・日経平均:週足・日足チャート
・ドル円:週足・月足チャート

動画を見る動画を見る

収録日:02/16 視聴期限:02/23

【解説】山内正一郎 野村證券 投資情報部 エクイティ・マーケット・ストラテジスト

日本株ストラテジストとして、主に日米経済の投資環境分析や市場分析を担当し、2005年よりテクニカルアナリスト。チャート面から見た日本株、外国株、為替、長期金利、商品等、主要マーケットの相場見通しを発信。2013年から現職。

今週のマーケットNOW  STOCK VOICE(毎週水曜更新)

今、マーケットで注目されている「あのテーマ」について、野村證券投資情報部のメンバーがコンパクトに解説いたします。フリーで活躍する株式アナリスト鈴木一之氏とのかけあいにも注目です。

米国金融市場の行方(02/14更新)

この動画は2月14日にストックボイスで放送されました。
生放送は、毎週水曜日9:45ごろ 東京MXテレビ(092)、三重テレビ(073)他インターネット(ストックボイスWEBサイト経由)でご覧いただけます。(変更になる場合もございます)

動画を見る動画を見る

収録日:02/14 視聴期限:02/21

【解説】木下智夫 野村證券 投資情報部 チーフ・マーケット・エコノミスト

日本、アジア、米国、欧州を含むグローバルな経済・金融市場の調査に従事。10年超に及ぶアジア現地での調査やワシントンでの調査経験、政策当局との繋がり、広範囲な分析力を生かしながらマクロ経済・金融市場・政策の調査を行う。

「月刊資産管理」より 注目テーマ(毎月11日ごろ更新)

野村證券本支店で開催のセミナー「やさしくひも解く投資環境」より、旬の話題をピックアップしてお届けいたします。

2月号「ブラジルレアル/メキシコペソ他」(02/09更新)

▽今月の注目アセット
・ブラジルレアル [44秒~] P.41~
・メキシコペソ [7分20秒~] P.43~
▽特集
・トルコリラ [16分10秒~] P.45~
・南アフリカランド [23分48秒~] P.53~

動画を見る動画を見る

収録日:02/08 視聴期限:03/09

【解説】野手朋香 野村證券 投資情報部 グローバル戦略課 マーケット・エコノミスト

2009年より投資情報部にて新興国を中心に投資環境を調査。現在は、個人投資家向けに各国の経済動向に加え、金融・財政政策を盛り込んだ資料作成や情報提供を行っている。

為替相場レポート(毎月中旬ごろ更新)

野村證券のアナリスト・ストラテジストが、最新のチャートや材料をもとに為替相場の動向を解説。相場の大きな流れを捉えることができます。

米国株急落後のマーケット(02/06更新)

・米国株急落の背景 [1分06秒~]
・利上げ見通しへの影響は? [3分49秒~]
・金利上昇にもかかわらず、ドル高が進まない理由 [5分13秒~]
・利上げ見通しとアメリカ、世界の経済情勢 [16分40秒~]
・向こう1ヶ月の投資戦略 [22分04秒~]

動画を見る動画を見る

収録日:02/06 視聴期限:03/15

【解説】池田雄之輔 野村證券 金融市場調査部 チーフ為替ストラテジスト

20年間、一貫してマクロ経済・通貨分析を担当。現在、テレビ東京「モーニングサテライト」にレギュラーコメンテーターとして出演中。2015-17年の日経ヴェリタス人気アナリスト調査(為替部門)で1位-2位-1位を獲得。

「Nomura21 Global」 より(毎月末頃更新)

野村證券が毎月発行している最新の市況をまとめた「Nomura21 Global」をもとに、今月の相場展望、参考銘柄、投資テーマの3本立てで解説します。

2月の相場展望(01/25更新)

・日経平均は約26年ぶりに24,000円超 [37秒~]
・米国の好調な景気と加速する企業業績[1分48秒~]
・国内景気と物価動向 [8分07秒~]
・ドル円相場 [10分35秒~]
・日本の企業業績と株価見通し [12分10秒~]

動画を見る動画を見る

収録日:01/24 視聴期限:02/22

【解説】小高貴久 野村證券 投資情報部 エクイティ・マーケット・ストラテジスト

日本の経済・財政・金融動向、内外資本フローなどの経済・為替に関する調査を経て、2009年より投資情報部で各国経済や為替、金利などをオール・ラウンドに調査。現在は日本株に軸足を置いた分析を行う。

2月の投資テーマ「次世代の情報通信」(01/25更新)

・増える情報通信量 [45秒~]
・今後の通信技術の展望 [4分03秒~]

動画を見る動画を見る

収録日:01/24 視聴期限:02/22

【解説】岩切茂 野村證券 投資情報部

1978年入社。支店営業、事業法人、信託銀行ビジネスを経験後、2014年7月より投資情報部に在籍。投資セミナー講師を担当。

2月の参考銘柄(01/25更新)

日本株1銘柄、外国株1銘柄 新規組み入れ
次回の銘柄入れ替えは、2月16日(金)です。

動画を見る動画を見る

収録日:01/24 視聴期限:02/22

【解説】大坂隼矢 野村證券 投資情報部

2010年入社。3ヶ店の支店業務を経て、2015年3月より投資情報部。現在は個人投資家向けに投資情報の提供を行う。

【解説】村山誠 野村證券 投資情報部  エクイティ・マーケット・ストラテジスト

1990年野村総合研究所入社。エクイティアナリスト、クレジットアナリストとして勤務。11年6月より米国株ストラテジー担当。NYのアナリストチームと連携し、投資環境の分析、個別株の投資アイデアを提供。

2018年 新春野村投資セミナー

野村證券投資情報部長による『新春野村投資セミナー』の様子(約75分)を、ご覧いただけます。本年は「社会の変化×問われる真価」と題しまして、今後数年のタームで注目すべきトピックを解説しております。

「社会の変化×問われる真価」(01/23更新)

※この動画は1月18日に本店で実施されたセミナーを一部編集して掲載しております。
※資料として使用しています冊子につきましては、お取引店またはお近くの野村證券でご請求ください。

動画を見る動画を見る

収録日:01/18 視聴期限:02/22

【解説】西澤隆 野村證券 投資情報部長

早稲田大学/ロンドン大学大学院研究科修了。89年野村総研入社。日本経済担当。NRIヨーロッパ、野村證券金融経済研究所経済解析研究室長、NAPA取締役社長を経て、現職。「日本経済 地方からの再生」等著書多数。

ご意見・ご感想

動画に関するご意見・ご感想をお待ちしております。

アンケート新しいウィンドウで開きます

個人情報保護方針


Webで口座開設(野村ネット&コール)

口座開設キットのお申込み新しいウィンドウで開きます

口座開設のお手続きについて詳しく知りたい方はこちら

本・支店口座でのお取引をご希望の方は、下記までお電話ください。

平日 8:40~20:00 土日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

  • ご利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。
  • 口座開設などでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は2,808円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.026%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,668円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

ノムラFXのお取引に関するご注意事項

ノムラFX(店頭外国為替証拠金取引)のお取引には、取引手数料はかかりません。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。また、非対円通貨取引においては円貨への換算に伴うスプレッドがあります。スプレッドは、市場の状況によって変化いたしますので常に一定ではありません。
ノムラFXのお取引にかかる証拠金の額は、取引額に証拠金率4%を乗じることにより算出されます。取引額の証拠金の額に対する比率(レバレッジ)は、最大25倍になります。
ノムラFXは、取引対象である通貨の価格の変動(非対円通貨取引である場合には、当該通貨ペアの基準通貨である米ドルの円に対する価格の変動を含みます)により損失を被る可能性があります。取引する通貨ペアで、より高金利の通貨を売付ける場合、スワップポイントの支払が発生します。金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。また、当社の業務・財産状況が悪化した場合には、お客様が損失を被る可能性があります。
ノムラFXは、実際のお取引の額が証拠金の額より大きいため、その損失の額が、差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
お客様の証拠金維持率が当社の定める水準を下回った場合、お客様のご意思に関わらず、未決済建玉の全てに対して自動的に反対売買を行います(ロスカットルール)。ロスカットの場合でも、相場の急激な変動により損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
実際のお取引の際には、ノムラFX(店頭デリバティブ取引)に係るご注意および店頭外国為替証拠金取引【ノムラFX】の契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身でご判断ください。

  • 証拠金率は、当社の判断により変更される場合があります。