野村證券の投信積立

「投信積立」とは、毎月1回、あらかじめ指定した投資信託に決まった金額を投資する積立サービスです。

「投信積立」3つの魅力

    Point 1 手続きかんたん、手間いらず

    毎月自動で引き落とされるから手間なく長く続けられる。
    いつでもWebからお申し込みが可能なので、忙しい方でも大丈夫。

    Point 2 投資タイミングの分散によりリスクを低減!

    毎月1回積立を続けることで投資タイミングが分散され、リスクの低減が期待されます。
    一定期間ごとに定額で購入した場合、一定口数ずつ定量で購入した場合と比較して平均購入単価を抑える効果が期待できます。

    定期的に一定額を購入する効果って?新しいウィンドウで開きます

    Point 3 1,000円からだから少額積立でも組み合わせ自由自在!分散投資でさらにリスクを低減!

    投資対象(株式、債券、REITなど)によりリスクとリターンの高さも違います。投資対象や地域が異なるファンドを複数組み合わせることで全体の運用成績を安定させ、リスクを抑える効果が期待できます。

お取引について、詳しくはこちら

探し方いろいろ!さまざまな切り口から選ぶなら

積立金額をシミュレーションするには…

  • 決めた金額を何年積み立てるといくらになる?
  • 目標金額を積み立てるにはいくらずつ積み立てればいい?
  • 目標金額を積み立てるには何年かかる?

シミュレーションする

ご留意事項

毎月分配型等の分配頻度が高い投資信託の積立は、投資効率が低下する場合があるためご留意ください。

詳しくはこちらPDFを開く

ファンドるいとう(投信積立)キャンペーン2017

すでに口座をお持ちのお客様は、インターネットよりお申込みできます。

こちらの商品・サービスに関する資料請求はこちら

さらにNISA口座をお持ちの方なら非課税のメリットも

詳しくはこちら新しいウィンドウで開きます

投資信託の手数料等およびリスクについて

投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、お申込み金額に対して最大5.4%(税込み)の購入時手数料(換金時手数料)をいただきます。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大2.0%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大5.4%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動します。従って損失が生じるおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託ごとに、ご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。また、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合がありますので、ご投資にあたっては目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

「投資信託の収益分配金」および「通貨選択型投資信託の収益/損失」に関するご説明PDFを開く

Adobe Reader ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、プラグインとしてAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード新しいウィンドウで開きます