証券用語解説集

RR分類(あーるあーるぶんるい)

分類:投資信託

投資家に投資信託はリスク商品であることを認識してもらうための方法としてかつて投資信託協会が定めた投資信託の分類。RRとはリスク・リターンの頭文字。リスクの度合いを1〜5までのランクに区分して明示したものである(RR1安定重視型、RR2利回り追求型、RR3値上がり益・利回り追求型、RR4値上がり益追求型、RR5積極値上がり益追求型)。

平成10年(1998年)の法改正を受けて投資信託の購入者には受益証券にかわって目論見書が交付されることになった。目論見書の記載事項は「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」で具体的に定められており、従来記載のあったリスク・リターンの商品分類図については記載する項目に定められていないことから目論見書への記載はできなくなった。但し、現在でも法定開示資料ではない販売用資料には記載ができることになっている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。