証券用語解説集

アナリスト(あなりすと)

分類:分析・指標

通常、証券アナリストのこと。

企業の財務分析、業界分析、経営者インタビューなどをもとに、株式の投資価値の分析・評価をおこなう。多くの場合、証券会社や運用会社の調査部に所属し、彼らのおこなった企業の分析・評価が、個人投資家、機関投資家、ファンドマネージャーに提供されて運用判断に活用される。

証券会社など株を売る側のアナリストは、セルサイド・アナリストと呼ばれ、顧客の投資家に対するサービスとしてレポートを作成する。一方、機関投資家など株を買い運用を業務とする会社のアナリストは、バイサイド・アナリストと呼ばれ、自社の資産運用のためにレポートを作成する。

債券の信用分析をおこなうクレジット・アナリスト、投資信託の評価を行うファンド・アナリストなど、投資資産に応じて各種タイプのアナリストもいる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。