証券用語解説集

一番底(いちばんぞこ)

分類:相場・格言・由来

相場下落時において、段階的に相場が下落していく中で最初につけた安値(=底)のこと。その次につけた安値を「二番底」、さらにその次につけた安値を「三番底」と言う。最終的つけた最も安い値を「大底」と言う。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。