証券用語解説集

インパクト投資(いんぱくととうし)

分類:投資(運用)スタイル

貧困や差別、環境、教育、福祉などの社会的な課題の解決を図るとともに、経済的な利益を追求する投資行動を指す。「社会的インパクト投資」とも言う。リスクやリターンだけでなく、社会や環境へのインパクトを重視するため、投資の際には社会的投資収益率(SROI)などの指標が用いられる。

2013年の主要8カ国(G8)首脳会議で「社会的インパクト投資」促進のためのフォーラムが開催されたことなどをきっかけとして、世界的に市場規模が拡大している。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。