証券用語解説集

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

分類:分析・指標

相場は買い方と売り方の均衡が破れた方に動くという考え方に基づき、相場の本質的動因を値幅(株価)よりむしろ時間(日柄)にあるとするテクニカル分析の手法。時系列チャートの一種であり、ローソク足のほかに、「転換線」「基準線」「遅行線」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の補助線で構成される。

・転換線
過去9日間の高値と安値の平均値(買い方の圧力の最高潮である高値と、売り方の圧力の最高潮である安値の平均、つまり売り買いの圧力の短期的な均衡点を表す)
・基準線
過去26日間の高値と安値の平均値(相場の中期的な均衡点であると同時に、潜在的なトレンドを決定する線であり、相場そのものの「基準」となる線なので均衡表において最重視される)
・遅行線
本日の終値を26日前にさかのぼって記入する(終値チャートを26日分左へ平行移動した線。単純な線だが、基準線と並んで重要視されている)
・先行スパン1
転換線と基準線の平均値を26日先に記入する(中期的な株価の趨勢を表す)
・先行スパン2
過去52日間の高値と安値の平均値を26日先に記入する(長期的な株価の趨勢を表す)

先行スパン1と先行スパン2との間の幅を「雲」と呼び、株価が雲よりも上にあるときは上昇基調、株価が雲より下にあるときは下落基調と見て取ることができる。 雲が厚い場合、支持や抵抗が強く、雲が薄い場合、支持や抵抗が弱いとされている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。