証券用語解説集

欧州連合(おうしゅうれんごう)

分類:経済

英語での正式名称はEuropean Union(EU)。平和を守り経済的・社会的発展を促進するため、欧州の28カ国(2016年7月現在)が加盟している政治・経済統合体。

欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州経済共同体(EEC)および欧州原子力共同体(Euratom)の3つの共同体が1967年に統合されて生まれた欧州共同体(EC)が母体となり、1993年11月のマーストリヒト条約(欧州連合条約)発効によって欧州連合(EU)が誕生した。「欧州連合条約」と「欧州連合の機能に関する条約」の2つの基本条約に基づいて成り立っており、単一の法人格を有するため、国際合意を締結することや国際機関に加盟することが可能。

2002年1月1日に、単一通貨ユーロの流通を開始し、現在はEU加盟国のうち19カ国で導入されている。世界市場において単独で競うには小さすぎる国(通貨)でも欧州連合(ユーロ)として統合することで高い競争力を得ることができたといえる。2016年7月現在の欧州連合加盟国
(英国は2016年6月24日に国内で実施された国民投票で離脱が決定)
ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、クロアチア、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタ、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、フィンランド、スウェーデン、英国

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。