従業員の福利厚生 - 従業員持株会 -

従業員持株会とは

従業員持株会は、従業員が自分の勤めている企業の株式を定期的に購入し、中長期的な資産形成を支援する制度です。
(持株会には従業員持株会の他に、役員を対象にした役員持株会・拡大従業員持株会などがあります)

従業員持株会のしくみ

従業員持株会は民法に基づいて設立される組合で、社員の資産形成を支援する制度として、ほとんどの上場企業で導入されています。
従業員持株会は、給与もしくは賞与から天引きされた社員一人一人の投資金額をまとめ、窓口となって自社株を購入しています。

従業員持株会のしくみ

拡大する

企業にとっての導入メリット

  • 福利厚生制度を充実させることにより従業員の会社に対しての忠誠心が高まります。
  • 株主構成を安定させて将来的な敵対的買収者に対する抑止力や安定的な株価形成が期待されます。

従業員にとってのメリット

  • 1,000円から始められます
    1口の単位は1,000円と少額から始められます。少ない金額で自社株を購入できる社員ならではのメリットです。
  • 給料・ボーナスからの天引き
    毎月の給料、またはボーナスからの天引きですから、わずらわしさが全くありません。知らず知らずのうちに、持株数が増えていきます。
  • 奨励金が支給される場合があります
    毎月の積立金に対して、会社によって奨励金が支給される場合があります。

お申し込みについて

入会資格 各持株会の規約で定めることができます。
株式の購入と管理 従業員持株会では、会員各人が拠出した資金をまとめて、ひとつの持株会口座で自社株を一定金額で毎月継続して購入します。
配当 配当は会員各人の持ち分に応じて配分され、再投資されます。
残高報告 年2回、持株会事務局から残高明細書が届けられるほか、専用WEBサイトにていつでもご確認いただくことが可能です。
  • 持株会により異なります。
株式の引き出し 会員各人の持ち分は売買単位株に達すると、個人口座に引出すことが出来ます。
  • 野村證券に証券口座が必要です。
  • 売買単位株式数は、企業によって異なります。

退会について

退会時には、会員各人の持ち分を個人口座に引出していただくこととなります。

  • 野村證券に証券口座が必要です。
  • 詳細は持株会規約によります。

お取引に関する手数料等およびリスクについて

当社で取り扱う商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して最大1.404%(税込み)(20万円以下の場合は、2,808円(税込み))の売買手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された購入時手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、年金保険・終身保険の場合は商品毎に設定された契約時・運用期間中にご負担いただく費用および一定期間内の解約時の解約控除、等)をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。