経営・事業戦略支援 - 株式上場(IPO) -

株式公開のメリット

会社にとってのメリットは?

財務体質の向上と資金調達力の増大

  • 株式公開により、多くの投資家から株式市場を通じて資金調達が可能となり、株主資本が強化され、財務体質が向上します。
  • 金融機関に対して信用度が増し、より有利な条件での借入れが可能になることも期待されます。

知名度と社会的信用力の向上

  • 日々の株価はもちろんのこと、経営方針・事業内容・製品等企業に関する情報がさまざまな媒体で報道されることも予想され、知名度の向上が期待されます。
  • また、金融商品取引法や取引所規則にもとづいた開示(ディスクロージャー)を行う義務が生じるため、企業として今まで以上に社会的信用力も向上します。

人材の活性化と経営体質の改善・強化

  • 「株式公開」の準備過程において、会社にとって、「株式公開」が全社共通の経営目標となり、人材の活性化が期待されます。また、「株式公開」に要求される社内管理体制を目指すことにより、経営体質が改善・強化されます。

従業員にとってのメリットは?

従業員持株会が資産形成に寄与

  • 株式公開を予定する会社のほとんどが従業員の福利厚生を目的に従業員持株会を設立します。株式公開により、取得した自社株の評価が向上すれば、従業員の資産形成に寄与します。

社会的信用力の向上

  • 株式公開により、会社の社会的信用力が向上すれば、従業員個々人の社会的信用力も今まで以上に向上することが期待されます。

株主にとってのメリットは?

保有株式の売却機会の提供と流通性の増大

  • 株式公開時の売出しなどにより、既存の株主に売却機会を提供することができます。
  • 株式市場で取引されることにより、株主は、投下資本の回収が容易となり、株式の流通性が高まることが期待されます。

公正な価格形成

  • 株式市場で公正な市場価格が形成・公表されるため、株式の価格について、未公開のときに比べ、合理的な説明が得られやすくなります。売買、相続、贈与などの株式評価が容易になります。

株式公開によって生じる留意点

ただし、株式公開により次のような点に注意する必要があります。

自社の株価・売買高への配慮

  • 株式市場で自社株が売買されることによる、株価・売買高の動きに一喜一憂することはありませんが、敵対的買収・インサイダー取引の可能性を事前に察知するべく、異常の有無を確認することは必要です。

株式公開後、開示書類の作成など事務量・経費の増加が予想されること

  • 株式公開後は、株主数の増加により、株主総会関係事務、株式事務の負担が増加することが予想されます。また、証券取引所への提出書類、有価証券報告書などの開示書類を作成する義務が生じるため、事務量・経費の増加が想定されます。