2021.09.16 update

EL BORDEとは

2021.09.16 update

2017.10.12 NEW

80年代生まれの飲みニケーション実態!「最近の若者はお酒の付き合いが悪い」は本当?

80年代生まれの飲みニケーション実態!「最近の若者はお酒の付き合いが悪い」は本当?のイメージ

「飲みニケーション」という言葉が死語になりつつある現代。若手ビジネスパーソンは「職場の飲み会が嫌い」というイメージは正解か?

仕事仲間とよく酒を飲む若手ビジネスパーソンたち

世間ではなんとなく「最近の若者はお酒の付き合いが悪い」なんてイメージが溢れ、アルコールハラスメントなどという言葉も聞こえてくる昨今。
ひと昔前であれば、上司と部下が頻繁に酒席をともにするのは当たり前のこと。バブル期に流行したCMソングではないが、それこそ「24時間戦えますか」が、ビジネスパーソンの矜持でもあった。

ひるがえって現在、そもそも若手世代のビジネスパーソンにとって、職場や仕事先との「飲みニケーション」はもはや前時代の遺物なのだろうか? いくつかの調査データから、その実態を探ってみた。

若者とお酒の意外な関係を示すデータ

株式会社ジェイアール東海エージェンシーがビジネスパーソンを対象にした調査によると、20代の75%、30代の69%が「お酒を飲むこと自体は好き」と回答。「お酒はコミュニケーションを円滑にする」と考えている人も、20代と30代で約7割という結果になっている(図1、2)。

また、同じ調査では、20代と30代の約65%が、自宅以外でお酒を飲む相手を「職場の同僚」と回答。「仕事上の関係者と飲む」という回答も約3割となっている(図3)。

図1:お酒を飲むこと自体が好きか 図1:お酒を飲むこと自体が好きか ※20代、30代ともに200名ずつ調査。
図2:お酒はコミュニケーションを円滑にするか 図2:お酒はコミュニケーションを円滑にするか ※20代、30代ともに200名ずつ調査。
図3:自宅以外でよく一緒にお酒を飲む相手
図3:自宅以外でよく一緒にお酒を飲む相手 ※20代190名、30代176名に調査。

出典(図1,図2,図3):株式会社ジェイアール東海エージェンシー「ビジネスパーソンの「お酒」に関する調査2016」をもとに編集部作成

※首都圏・東海圏・関西圏の20歳~69歳の男女ビジネスパーソン(アンケートモニターサイトのマクロミルモニタ会員)を対象にしたインターネット調査。合計1,000サンプル。2016年3月18日~20日に実施。

これらの調査結果から見えてくるのは、意外とお酒や酒席が好きで、普段から同僚たちと「飲みニケーション」を図っている、世間のイメージとは裏腹な若手ビジネスパーソンの実情だ。とはいえ、仲が良いパーソナルな付き合いではなく、会社全体の飲み会となればどうなのだろうか?

会社の飲み会に誘われたら約6割は「嬉しい」

株式会社リクルートライフスタイルの外食市場における調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」が2017年に実施した調査によれば、過去1年以内に忘年会をはじめとする会社の飲み会に、まったく参加しなかった(どれもない)と回答した30代男性ビジネスパーソは23.3%(図4)。つまり、8割弱は何らかの会社の飲み会に参加しているということになる。

また、第一三共ヘルスケア株式会社が実施した調査では、会社の飲み会に誘われたときの気持ちを、20代、30代の約6割が「嬉しい」「やや嬉しい」と回答(図5)。ここでも世間のイメージとは裏腹に、過半数の若手ビジネスパーソンは、会社の飲み会にもポジティブなイメージを持っていることがわかるのだ。

図4:過去1年以内に参加した職場の飲み会
図4:過去1年以内に参加した職場の飲み会

出典:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパーグルメ外食総研「職場の飲み会に対する期待と参加実態調査」をもとに編集部作成

※首都圏・東海圏・関西圏の20歳~69歳の男女ビジネスパーソン(アンケートモニターサイトのマクロミルモニタ会員)を対象にしたインターネット調査。有効回答数9,959件。2017年1月5日~11日に実施。

図5:会社の飲み会に誘われたときの気持ち
図5:会社の飲み会に誘われたときの気持ち

出典:第一三共ヘルスケア株式会社 働く男をアゲる健康マガジン“おれカラ”Vol.11「働く男性の職場での飲み会事情」をもとに編集部作成

※20代~40代の男性有職者1,510名を対象にしたインターネット調査。2017年7月7日~9日に実施。

若手世代にも継承されていた「飲みニケーション」

職場や仕事先との「飲みニケーション」は、前時代の遺物などではなく、80年代生まれ世代の若手ビジネスパーソンにもしっかり受け継がれているようだ。「最近の若者は酒を飲まない」「個人主義で会社の飲み会を嫌う」といったステレオタイプなイメージは、どうやら少し見直したほうがよいかもしれない。

ちなみに、前述した株式会社ジェイアール東海エージェンシーの調査では、「お酒の力を借りて実現できたことは?」という質問に、20代の約4割、30代の3割以上が「上司との関係がよくなった」とも回答している(図6)。

「若者は酒の付き合いが悪い」といった世間のイメージや、アルコールハラスメントなどへの懸念から、ひと昔前に比べれば大きく数を減らしつつある「会社の飲み会」。もちろん飲みすぎには注意が必要であるが、今後は80年代生まれ世代が先頭に立って、職場の飲みニケーションを促進していく時代が来るのかもしれない。

図6:お酒の力を借りて実現できたこと
図6:お酒の力を借りて実現できたこと

出典:株式会社ジェイアール東海エージェンシー「ビジネスパーソンの「お酒」に関する調査2016」をもとに編集部作成

※首都圏・東海圏・関西圏の20歳~69歳の男女ビジネスパーソン(アンケートモニターサイトのマクロミルモニタ会員)を対象にしたインターネット調査。合計1,000サンプル。2016年3月18日~20日に実施。

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

最新記事

記事一覧

あなたへのおすすめ

記事一覧

  • 野村金融アカデミー 金融のプロが教える! 今のあなたに必要な、未来のためのお金の知識。 詳しくはこちら
  • 先行き不透明な時代を生き抜く 資産形成を始める前に読みたい記事5選 初級編 詳しくはこちら
  • 2025年には110兆円規模!? 世界の人口増と共に拡大「水関連ビジネス」への投資
マネー 資産形成・運用 お金の教養 金融トレンド NISA つみたてNISA iDeCo 国内株式 IPO 投資 株式投資 配当金 株主優待 投資信託 積立投資 為替 投資初心者 投資家 ESG 保険 年金 ローン 住宅ローン 税金 節税 預金・貯金 教育費 家計 フィンテック キャッシュレス 電子マネー 昇給 ビジネス ビジネススキル キャリア 出世 働き方 リモートワーク 効率化 チーム ルーティン 副業 起業 マーケティング 経営 ビジネス書 テクノロジー 未来予測 サイエンス AI ブロックチェーン IOT 5G 宇宙 医療 IT SDGs サスティナブル DX ヘルステック コミュニケーション サブスクリプション SNS ライフ ライフプラン 結婚 子育て マイホーム 自動車 共働き 老後 ライフハック 教養 クリエイティブ 常識 ヘルスケア アプリ ファッション 片付け 新型コロナウイルス ニューノーマル 趣味 スポーツ 旅行 ゲーム 食・グルメ アート 記事タイプ インタビュー 偉人・著名人 書籍・ベストセラー 調査 トレンド 知識・スキルアップ 自分磨き

ページの先頭へ