2024.02.22 update

EL BORDEとは

2024.02.22 update

2023.09.20 NEW

野村證券の口座で買われた「予想配当利回り3%以上」銘柄トップ20をご紹介

野村證券の口座で買われた「予想配当利回り3%以上」銘柄トップ20をご紹介のイメージ

野村證券の個人口座で2023年6月1日~2023年8月31日に買われた今期の「予想配当利回り3%以上」の銘柄のうち、約定件数ベースで20位までをランキングにしてご紹介します。

順位 銘柄コード 銘柄名 株価
(9/1終値)
予想配当利回り
1株当たり予想配当
(通期、円)
今期決算期
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,183.0 3.47 41 2024.3期
2 2914 日本たばこ産業 3,202 5.87 188 2023.12期
3 8002 丸紅 2,419.5 3.22 78 2024.3期
4 5401 日本製鉄 3,506 4.28 150 2024.3期
5 8593 三菱HCキャピタル 960.8 3.85 37 2024.3期
6 8053 住友商事 3,044 3.94 120 2024.3期
7 9104 商船三井 4,124 4.36 180 2024.3期
8 2503 キリンホールディングス 2,068.5 3.34 69 2023.12期
9 9107 川崎汽船 5,085 3.93 200 2024.3期
10 5406 神戸製鋼所 1,901.0 4.73 90 2024.3期
11 6178 日本郵政 1,124.5 4.45 50 2024.3期
12 9101 日本郵船 3,958 3.28 130 2024.3期
13 8316 三井住友フィナンシャルグループ 6,790 3.68 250 2024.3期
14 5020 ENEOSホールディングス 556.6 3.95 22 2024.3期
15 8411 みずほフィナンシャルグループ 2,450.0 3.88 95 2024.3期
16 4502 武田薬品工業 4,510 4.17 188 2024.3期
17 1605 INPEX 2,101.0 3.52 74 2023.12期
18 3407 旭化成 950.7 3.79 36 2024.3期
19 8766 東京海上ホールディングス 3,263 3.71 121 2024.3期
20 7751 キヤノン 3,597 3.89 140 2023.12期

※2023年6月1日~8月31日の期間で、野村證券の個人口座で買い付けられた銘柄の約定件数をランキング化しました。予想年間配当利回りが2023年9月1日時点で3%以上だった銘柄のみを抽出しました。予想1株当たり配当は東洋経済新報社より。予想値がレンジの記載である場合、下限値を採用しています。
※表中の「株価」、「予想配当利回り」および「1株当たり予想配当」は、いずれも2023年9月1日時点におけるものです。最新の株価等は、ご自身でご確認ください。
※出所:野村證券の売買データより、野村證券投資情報部作成

高パフォーマンスの幅広い銘柄がランクイン

3メガバンクがすべてトップ20にランクインしました。三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は1位、三井住友フィナンシャルグループ(8316)は13位、みずほフィナンシャルグループ(8411)は15位となっています。7月28日の日銀金融政策決定会合を踏まえると、金融政策の正常化は、銀行セクターにとってバリュエーション(投資尺度)とファンダメンタルズ(基礎的条件)の両面からプラス材料といえます。足元の銀行セクターの株価は、日米の長期金利の上昇を受けて、好調に推移しています。

海運の大手3社がいずれもトップ20に名を連ねています。商船三井(9104)が7位、川崎汽船(9107)が9位、日本郵船(9101)が12位にランクされています。2023年6月中旬以降、TOPIXの上昇が一巡する中で、やや出遅れていた海運株が上昇傾向となっています。円安の進行に加えて、海運大手各社のPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回るなど割安感が市場で評価されている可能性があります。

五大商社からは、丸紅(8002)が3位、住友商事(8053)が6位にランクインしました。商社セクターの株価は、決算後も好調を維持しています。資源価格の安定や第1四半期の好決算を受けて、中間決算における業績上方修正や追加の株主還元への期待が高まっている可能性があります。

鉄鋼セクターでは、日本製鉄(5401)が4位、神戸製鋼所(5406)が10位にランクインしました。足元の株価も好調に推移しており、東証33業種別の2023年の年間騰落率(上昇)では鉄鋼業が1位となっています。特に神戸製鋼所については、TOPIX500銘柄の中で年間騰落率(上昇)が1位となっているほか、決算発表と同時に公表した配当性向の引き上げも話題となりました。

FINTOS! より転載)

株式の手数料等およびリスクについて

国内株式(国内REIT、国内ETF、国内ETN、国内インフラファンドを含む)の売買取引には、約定代金に対し最大1.43%(税込み)(20万円以下の場合は2,860円(税込み))の売買手数料をいただきます。国内株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
外国株式(外国ETF、外国預託証券を含む)の売買取引には、売買金額(現地約定金額に現地手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対し最大1.045%(税込み)(売買代金が75万円以下の場合は最大7,810円(税込み))の国内売買手数料をいただきます。外国の金融商品市場での現地手数料や税金等は国や地域により異なります。外国株式を相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、お客様との合意に基づき、別途手数料をいただくことがあります。外国株式は株価の変動および為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

  • EL_BORDEをフォローする

最新記事

記事一覧

あなたへのおすすめ

記事一覧

  • 気になるテーマから投資をはじめる! テーマ投資のすすめ 詳しくはこちら

ページの先頭へ