2021.10.14 update

EL BORDEとは

2021.10.14 update

2017.05.08 NEW

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだのは、意外にもある「考え方」だった。

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだのは、意外にもある「考え方」だった。のイメージ

それはシンプルかつパワフル。お金だけではなく、ビジネスさえも加速させる思考法とは?

特殊相対性理論を越える? 「人類最大の発明」とは

20世紀最大の物理学者とも言われるアインシュタインが「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」と呼んだものが何かご存知だろうか?
特殊相対性理論? ブラウン運動の理論? 正解は「複利」だというのだ。「複利」は古くはローマ法にも記述が見られる利子の概念で、目新しいものではない。

では物理学の常識を次々と覆した天才物理学者が、なぜそれを「人類最大の発明」と呼んだのか。一説によれば、資本主義社会の急成長を見たアインシュタインが、その原動力となる金融の力の象徴として「複利」を引き合いに出したのではないかとも言われる。(注)天才物理学者から見てもそれほどパワフルだった「複利」。それはいったいどういう仕組みなのだろうか。

複利の力の仕組みとは?

複利とは「元本だけでなく、利子が利子を生む」という考え方のことだ。複利の対義語に「単利」があり、これは最初の元本だけが利息を生み続けるものを指す。(図1参照)

【図1】毎年同じ利子がつく単利と、利子が利子を生む複利【図1】毎年同じ利子がつく単利と、利子が利子を生む複利※1000万円を年利5%で3年間、運用した場合(複利の計算結果は、小数点以下第2位を四捨五入して表示)

複利は元本も、毎年の利子もどんどん増えていき、時間が経過するにつれ、単利との差は広がっていく。

時間が経過するにつれ、リターンはどんどん大きくなる

単利と複利、それぞれ30年運用した場合の違いをグラフで示した。(グラフ1参照)。
30年、年利5%で運用を続ければ、単利だと250,000円、複利だと432,200円(※)。その差は約1.7倍にも広がることになる。(※10円単位を四捨五入して表示)

なぜこうなるのか?ポイントは、利子を元本に組み入れ、大きくなった元本に対して利子を得ることで「金が金を儲ける」構造になっていることだ。考え方としては非常にシンプルだが、時間が経つにつれリターンは大きくなり、金額は雪だるま式に増えていく。

【グラフ1】10万円を30年間、年利5%で運用した場合、差は約1.7倍に【グラフ1】10万円を30年間、年利5%で運用した場合、差は約1.7倍に

この考え方は、お金だけでなく、人生やビジネスの局面でも活用できる。
米SUCCESS誌の創設者であり個人能力開発のリーダーでもあるダレン・ハーディー氏は著書「The Compound Effect」の中で、複利をお金以外に活用する方法について語っている。表紙には「JUMP START YOUR INCOME,YOUR LIFE,YOUR SUCCESS」(あなたの収入、あなたの人生、あなたの成功が加速する)とある。

複利思考を使って、ビジネスを加速させる

この考え方をビジネスに応用してみよう。例えば、二人の営業マンが新規の顧客開拓を行っていたとする。熱血営業マンのAさんは、毎日テレアポのリストに片端から電話し、反応があればすぐさま駆けつけている。汗をかき、自らの足で数字を稼いでいる。

一方、複利思考の営業マンBさんはテレアポの傍ら、自分が開拓した得意先にも電話をかけ、お願いをしている。「もしウチの商品に興味がありそうな会社をご存知でしたら、紹介いただけませんか?」彼はAさんと同じペースでテレアポをこなしていたが、獲得件数は段違いだった。Bさんは「金が金を儲ける」複利の考え方を応用し、「開拓した得意先に、さらに得意先を紹介してもらう」ことに成功していたからだ。

Aさんはいつまでも自分の足で稼ぐだけだが、Bさんは取引先の増加に伴い、紹介の数も増えていく。シンプルな考え方を取り入れただけで、Bさんは同僚に大きく差をつけたのだ。Aさんがそのからくりに気づかない限り、その差は広がり続ける一方だろう。

成功者はあらゆる局面で複利思考を活用している

成功者といわれる人たちは資産形成だけでなく、ビジネスや人脈形成において、複利の考え方をうまく活用している。それはシンプルだからこそ、様々に応用が可能で、ほんの少しの思考と実践で明暗を分けるのだ。

もしも複利思考を活用してみようと思うなら、始めるのは早い方がいい。お金の運用の例で示したように、複利は時間が経てば立つほどリターンが大きくなるからだ。Aさんのように、いつまでも足で稼ぐのはしんどい。一秒でも早く複利思考を実践してみてはいかがだろうか。

(注)初出はアインシュタインの没後28年経った1983年のニューヨーク・タイムズという説がある。また発言の解釈についても諸説あり。

監修:高橋 浩史(たかはし ひろし)

FPライフレックス代表。ファイナンシャル・プランナー。

デザイン事務所、百貨店宣伝部、出版・映像会社で商業デザインを経験。その後、広告代理店を経てフリーのデザイン事務所を開設。FP関係出版社に編集者として仕事をしたことをきっかけにFP資格を取得しFP事務所を開業。既存の金融の枠にはまらない情報提供を目指す。

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

最新記事

記事一覧

あなたへのおすすめ

記事一覧

  • 野村金融アカデミー 金融のプロが教える! 今のあなたに必要な、未来のためのお金の知識。 詳しくはこちら
  • 先行き不透明な時代を生き抜く 資産形成を始める前に読みたい記事5選 初級編 詳しくはこちら
  • 5Gの普及も追い風に! 社会を変える、「自動運転」技術への投資
マネー 資産形成・運用 お金の教養 金融トレンド NISA つみたてNISA iDeCo 国内株式 IPO 投資 株式投資 配当金 株主優待 投資信託 積立投資 為替 投資初心者 投資家 ESG 保険 年金 ローン 住宅ローン 税金 節税 預金・貯金 教育費 家計 フィンテック キャッシュレス 電子マネー 昇給 ビジネス ビジネススキル キャリア 出世 働き方 リモートワーク 効率化 チーム ルーティン 副業 起業 マーケティング 経営 ビジネス書 テクノロジー 未来予測 サイエンス AI ブロックチェーン IOT 5G 宇宙 医療 IT SDGs サスティナブル DX ヘルステック コミュニケーション サブスクリプション SNS ライフ ライフプラン 結婚 子育て マイホーム 自動車 共働き 老後 ライフハック 教養 クリエイティブ 常識 ヘルスケア アプリ ファッション 片付け 新型コロナウイルス ニューノーマル 趣味 スポーツ 旅行 ゲーム 食・グルメ アート 記事タイプ インタビュー 偉人・著名人 書籍・ベストセラー 調査 トレンド 知識・スキルアップ 自分磨き

ページの先頭へ