2021.09.16 update

EL BORDEとは

2021.09.16 update

2017.11.16 NEW

【副業特集:後編】無理せずに稼ぐには、副業選びが大切! 会社員にオススメの3分野

【副業特集:後編】無理せずに稼ぐには、副業選びが大切! 会社員にオススメの3分野のイメージ

会社員でも、気軽に副業を始められる時代になった。前編に続き、副業に詳しい中野貴利人(なかの きりと)さんに、本業に支障が出ない範囲で始められる「オススメの副業」について聞いた。

副業

前編では、副業解禁の流れを受け、会社員が副業を始めるメリット・デメリットや副業に向いている人・向いていない人を紹介した。
後編では、会社員が本業に支障が出ない範囲で気軽に始められる「オススメの副業」について、中野さんに教えてもらう。

前編の最後で触れた、副業を選ぶ際に知っておきたい3つのこと

  1. 得意分野、興味関心から考えること
  2. 自由になる時間から逆算して時間管理をすること
  3. 身体への負担を考えること

を、叶えやすい副業をどう選べばいいのかを具体的に聞いた。

副業には大きく分けると2パターンある

副業には「時間切り売り型」と「成功報酬型」の2つのパターンがあるという。「時間切り売り型」とは、1時間あたりで報酬が決まるアルバイトやパートなどの仕事と同じ。一方で「成功報酬型」とは、自分のスキルを使ったり、ネット上で物を売ったりして稼ぐ仕事。

一般的に、会社員には、時間の融通が効く面と本業での経験が活かせることから、「成功報酬型」がオススメと言われている。
ただ、最近では、専門家へ相談できるマッチングサイトが増えたことから、プロスキルを持っている人であれば、高い時給を見込める「時間切り売り型」も悪い選択肢ではないようだ。

会社員にオススメの副業、3分野はこれだ!

「時間切り売り型」でも割りのいい副業が増えてきたとはいえ、会社員にとっては、得意なこと・少ない時間・身体に負担かけずに稼げる「成功報酬型」はやはり魅力的。

その中でも、素人でも始めやすく、今後のニーズが見込める3分野は以下の通り。これらの3分野の副業の共通点は、

  • ストレスが少ない
  • 場所を選ばない
  • 疲労感が少ない
  • 高収入になりえる
  • 空いた時間にできる

といった会社員が続けやすい要素が入っている。詳しく解説していこう。

  1. クリエイティブ系

    専門知識に自信がある人は、自身で情報メディアの運営をしたり、解説動画を動画サイトにアップする方法がある。ただ、この市場に打って出るには、相当な専門性が必要。

    手軽に始めたいなら、クラウドソーシングの事業会社から、ライティング、イラスト、ウェブデザインなどの単発の仕事をウェブ上で請け負うのがいい。信頼度が上がっていくと、単価も高く設定できるようになる。

    例えば、1本1万円の仕事に、休日の3時間費やすとすると、8本請け負えば月8万円の稼ぎになる。休日に3時間×8日間なら、会社員でも負担にならない時間ではないだろうか。

    【例】情報メディアの運営、動画サイトの投稿、クラウドソーシング、コンテンツ販売、写真・動画販売など

  2. 販売系

    製作が得意な人は、手作りした服やバッグなどをサイトで販売するのがオススメ。販売サイトの普及により、取引が簡素化されたため気軽に始めやすい。

    例えば、家具作りが趣味の男性は、家具をひとつ売るごとに5,000円の利益をあげ、最高月収10万円を稼いでいる。
    その他、デザインセンスがあれば、SNS上で自作したスタンプを売ったり、大手アパレル会社が始めた自作のTシャツを販売できるサイトを活用するのもいい。

    その他、王道の「安く買って高く売る」せどりも魅力。商品知識があり、マーケット感覚があれば、仕入れ資金だけで始められる。

    【例】ネットショップ、手作り品の製作販売、割安商品を仕入れフリマアプリで販売など

  3. シェアビジネス系

    時間がない人にオススメなのは、自身が持つ遊休資産を活用する方法。自分が持っていなくても、実家の空き駐車場を「駐車場」としてシェアリング登録して稼いでいる人もいる。

    その他、会社員の遊休資産になり得るのは、土日しか乗らない車。平日1日1万円でレンタルしたら、フル稼働の場合は月20万円の稼ぎも夢じゃない。自身の月の労働時間も平均2~4時間と少ないのが魅力。

    使用頻度が少ないブランドバッグをシェアリング登録するだけで、月2、3万の収入を得ている人もいる。自分の代わりに稼いでくれる資産がないか、まずは、資産の洗い出しをしてみてはいかがだろうか。

    【例】ブランド品、車、土地、家屋など遊休資産のシェアリング

準備しすぎないこと、お金をかけすぎないこと

ただ、副業を始めるに辺り気をつけたい点もある。副業を始める人の中には、準備に余念がなく、そのために借金をしてしまう人もいるという。

「『この資格を取ったら月数十万円』『この情報を取ったら稼げる』などのうまい話は大体が詐欺」と中野さん。「ある程度は自己投資も必要だけど、深みにはまらないように。自己投資はあくまで失ってもいい額、勉強代だと思える額ならいい」という。
準備は大切だが、あまり投資過ぎるとリスクも大きくなる。また、そうした人の心配に漬け込む、詐欺まがいの情報に踊らされないように気をつけることも大切だ。

小さく始めて、現場を知ることが大事

小さくでもいいから始めてみると、いかに書籍やネットの情報が古いかを実感できるそうだ。「いつの時代も最新情報は現場にあるし、成功する人はすでに動いている人」と中野さん。副業に興味を持ち情報収集したのであれば、その時間のもとを取る意味でも始めてみるのが良さそうだ。

監修:中野 貴利人(なかの きりと)

「株式会社ネットピコ代表取締役。自身の副業体験を元にした副業情報サイト「フクポン」を運営。その副業スタイルはテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のほか、ニューヨーク・タイムズや朝日新聞、ビジネス誌などでも取り上げられ、注目を集めている。副業に関する著作も多数。

記事の購読、ありがとうございました。
公式SNSページから最新記事をキャッチ!

最新記事

記事一覧

あなたへのおすすめ

記事一覧

  • 野村金融アカデミー 金融のプロが教える! 今のあなたに必要な、未来のためのお金の知識。 詳しくはこちら
  • 先行き不透明な時代を生き抜く 資産形成を始める前に読みたい記事5選 初級編 詳しくはこちら
  • 2025年には110兆円規模!? 世界の人口増と共に拡大「水関連ビジネス」への投資
マネー 資産形成・運用 お金の教養 金融トレンド NISA つみたてNISA iDeCo 国内株式 IPO 投資 株式投資 配当金 株主優待 投資信託 積立投資 為替 投資初心者 投資家 ESG 保険 年金 ローン 住宅ローン 税金 節税 預金・貯金 教育費 家計 フィンテック キャッシュレス 電子マネー 昇給 ビジネス ビジネススキル キャリア 出世 働き方 リモートワーク 効率化 チーム ルーティン 副業 起業 マーケティング 経営 ビジネス書 テクノロジー 未来予測 サイエンス AI ブロックチェーン IOT 5G 宇宙 医療 IT SDGs サスティナブル DX ヘルステック コミュニケーション サブスクリプション SNS ライフ ライフプラン 結婚 子育て マイホーム 自動車 共働き 老後 ライフハック 教養 クリエイティブ 常識 ヘルスケア アプリ ファッション 片付け 新型コロナウイルス ニューノーマル 趣味 スポーツ 旅行 ゲーム 食・グルメ アート 記事タイプ インタビュー 偉人・著名人 書籍・ベストセラー 調査 トレンド 知識・スキルアップ 自分磨き

ページの先頭へ