オンライン信用取引
スタートガイド

お取引流れ

これから信用取引をはじめる方に、オンラインサービスでの操作手順や便利なサービスをご案内します。

信用取引の基礎知識・魅力について

STEP1

保証金へ振替預り金からの振替と代用証券振替

オンライン信用取引を開始するには、売買代金の33%以上、かつ30万円以上の差し入れが必要です。
預り金から保証金へ振り替える方法と、株式や投資信託等の有価証券を担保として差し入れる方法(代用証券振替)の2つがあります。画面上段の[メニュー]より、入金方法を選択のうえ、お手続きください。

保証金へ振替

オンラインサービス画面。メニューより「保証金へ振替」を選択 振替金額を入力後、「確認する」をクリック 確認後、振替を実行 オンラインサービス画面。メニューより「保証金へ振替」を選択 振替金額を入力後、「確認する」をクリック 確認後、振替を実行

代用証券振替

オンラインサービス画面。メニューより「代用証券振替」を選択 銘柄を選び、「代用へ振替」をクリック オンラインサービス画面。メニューより「代用証券振替」を選択 銘柄を選び、「代用へ振替」をクリック
オンラインサービス画面。2つのうちいずれかを選び、「確認する」をクリック 確認後、振替を実行 オンラインサービス画面。2つのうちいずれかを選び、「確認する」をクリック 確認後、振替を実行

新規建可能額の確認方法

新規建可能額は以下項目にてご確認いただけます。

オンラインサービス画面。こちらを確認 オンラインサービス画面。こちらを確認

STEP2

注文銘柄を選んで注文する

信用取引は、「買い」「売り」どちらからも始めることができます。
現物取引同様、銘柄を選んだうえで、「買い」から始める場合は、新規の買い注文(新規買)を出し、「売り」から始める場合は、新規の売り注文(新規売)を出して信用建玉を建てます。

新規建注文

オンラインサービス画面。メニューより「新規建注文」を選択 銘柄を検索 「新規買」または「新規売」をクリック オンラインサービス画面。メニューより「新規建注文」を選択 銘柄を検索 「新規買」または「新規売」をクリック
オンラインサービス画面。必要事項を入力して、注文を出す 信用取引区分の違いについては下記をご覧ください オンラインサービス画面。必要事項を入力して、注文を出す 信用取引区分の違いについては下記をご覧ください

STEP3

返済注文決済して、損益を確定する

建玉を決済して、損益を確定します。決済注文は、建玉を指定して決済する方法と、銘柄ごとなど一括返済可能な単位で決済する方法があります。

返済注文

オンラインサービス画面。メニューより「返済注文」を選択「一括返済単位」または「建玉ごと」を選ぶ いずれかを選び、返済注文を実行する オンラインサービス画面。メニューより「返済注文」を選択「一括返済単位」または「建玉ごと」を選ぶ いずれかを選び、返済注文を実行する

損益の確認方法

決算損益は、建玉合計、銘柄・建区分別に以下項目にてご確認いただけます。

オンラインサービス画面。決済損益はこちらで確認 銘柄・建区分での決済損益はこちらで確認 オンラインサービス画面。決済損益はこちらで確認 銘柄・建区分での決済損益はこちらで確認

知っておきたい基礎知識

「資金を効率的に」活用してお取引
お預り資産以上の取引が可能

信用取引は、担保として差し入れた「委託保証金」の約3倍まで取引ができ、現金だけでなく、お預りしている株式や債券、投資信託も「委託保証金」に組み入れることができる(注)ため、資金を効率的に活用できます。

  • (注)一部、委託保証金として組み入れができないものがあります。

下げ相場でも利益を期待
収益チャンスが拡がる

信用取引は、証券会社から株を借りて、「売り」から取引を始められます。つまり、株価が高いときに売り、株価下落時に買い戻せば利益を出すことができるので、現物取引よりも収益チャンスが拡がります。

  • ※株価が予想に反して値上がりした場合には、損失を出してしまう可能性があります。

野村のオンライン信用の魅力

おトク業界最低水準の買方金利(注1)

オンライン専用支店(野村ネット&コール口座、ほっとダイレクト口座)のオンライン信用は、買方金利が業界最低水準(注1)の年0.85%でおトクです。

  • (注1)対面主体証券2社と主要ネット証券5社(大和証券、SMBC日興証券、SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較(2024年6月17日時点の当社調べ。1日だけの信用取引・特別な条件下での優遇金利等を除く)。
  • (注2)信用取引には、手数料のほかに金利や逆日歩など特有の費用があります。

便利「委託保証金」に自動振替

委託保証金へ自動で振替できる2つのサービス。

「信用決済益金自動振替」

取引日当日の反対売買による決済損益額を通算してプラスとなる場合に、その益金を信用取引保証金に自動的に振替。

「信用代用自動振替」

お客様の口座にある保護預り証券のうち、国内上場株式等(ETF、REIT等を含む)を自動的に信用取引の保証金(代用証券)へ振替。

メニューの「口座情報/手続き」より「サービス・契約情報照会/変更」を選び、お申し込みください。
オンラインサービス画面。メニューより「サービス・契約情報照会/変更」を選択 「各種サービス利用状況」をクリック サービスを選んで申込み オンラインサービス画面。メニューより「サービス・契約情報照会/変更」を選択 「各種サービス利用状況」をクリック サービスを選んで申込み
  • ※上記画面は全てイメージです。実際の画面と異なる場合があります。