マイナンバーのご提供および、マイナンバー確認書類、本人確認書類

新たに口座開設されるお客様は、口座開設時にマイナンバー(個人番号)をご提供いただきます。また、既に口座をお持ちのお客様も、氏名・住所変更や税務に係るお手続き等につきましては、マイナンバー(個人番号)をご提供いただく必要があります。

マイナンバー(個人番号)ご提供時の必要書類

マイナンバー(個人番号)をご提供いただくお手続きについて、マイナンバー提供書のほか、【1】マイナンバー(個人番号)を確認するための書類と、【2】本人確認書類が必要です。

  • 当社受付日時点で、有効期限の定めのあるものは有効期限内のもの、有効期限の定めのないものは6カ月以内に作成されたものに限ります。
  • ご提出いただく書類に本籍地などの機微情報や「臓器提供に関する意思」が記載されている場合は、お手数ですが該当箇所を塗りつぶしてください。
  • 野村證券の店舗でお手続きをされる場合は、原本をご提示いただき、その場での確認とさせていただきます。
図:マイナンバー(個人番号)ご提供時の必要書類

マイナンバー(個人番号)を確認するためにご提出いただく書類により、必要となる本人確認書類が異なります。

必要な書類(マイナンバーと本人確認書類)

本人確認資料等として、1~4のうち、いずれか一点をご提出ください。

【1】マイナンバー(個人番号)を確認するための書類 【2】必要な本人確認書類
  1. マイナンバーカード

交付申請手続きにより市区町村から発行される、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。ご本人様の情報が記載された「表面」とマイナンバー(個人番号)が記載された「裏面」の両方のコピーをご提出ください。

マイナンバーカード 表面

マイナンバーカード 表面

マイナンバーカード 裏面

マイナンバーカード 裏面

不要
  1. 通知カード

2015年10月以降に市区町村から送付されたカードです。マイナンバー(個人番号)の記載された「表面」のコピーをご提出ください。

通知カード 表面

通知カード 表面

【A】のいずれか1点、または【B】のうち2点
  1. マイナンバー(個人番号)の記載された住民票の写し
【A】または【B】のうち、「住民票の写し」、「住民票記載事項証明書」以外の1点
  1. マイナンバー(個人番号)の記載された住民票記載事項証明書
前へ
次へ

必要な本人確認書類

ご本人確認書類(原本・コピー)は、以下2点を確認できる必要があります。

  1. 本人確認書類そのものの有効期限
  2. 提供書類に記載された住所・氏名・生年月日
【A】顔写真付の本人確認書類
  • 旅券(パスポート)
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
有効期間内の原本のコピーをご提出ください。
【B】顔写真のない本人確認書類
  • 住民票の写し(注)
  • 住民票の記載事項証明書(注)
  • 印鑑登録証明書
発行から6カ月以内の原本またはコピーをご提出ください。
  • 健康保険証(各種)
  • 国民年金手帳(氏名・住所・生年月日の記載があるもの)
  • 福祉手帳(各種)
有効期間内の原本のコピーをご提出ください。
  • 「住民票の写し」と「住民票の記載事項証明書」で2点とすることはできません。
  • コピーの場合は、あらためて原本の提示をお願いする場合がございます。
  • 新規口座開設の場合は、当社より本人確認書類の記載住所に「取引に係る文書」を郵送し、ご本人様の確認をさせていただく場合があります。
  • ご本人確認書類が同封されていない場合や、必要事項のご記入がない場合などは、本申込書を一旦返却させていただきます。
  • 他人の証明書、偽造、改ざんした証明書類によるお申し込みはできません。後日、他人の証明書や偽造、改ざんした証明書類によるお申し込みであることが判明した場合には、口座を解約させていただくことがあります。(法律により処罰されることがあります。)
  • 新規口座開設、住所変更などの各種お手続きに係る本人確認書類をご提出いただく場合、口座名義人様の本人確認書類に限りマイナンバー(個人番号)のご提供に必要な書類を兼ねることができます。(同じものを2枚以上ご提出いただく必要はございません。)

代理人様など(取引代理人様、成年後見人様など(口座名義人様が未成年の場合は親権者様または親権者代理人様))がご提出される場合は、必要書類が異なりますので、以下をご確認ください。

代理人様などがご提出される場合