証券用語解説集

pips(ぴっぷす)
分類:金利・為替

pips(ピップス)とは、為替取引の際、為替が変動する最少単位のこと。

例えば、米ドル・円レートが119円65銭の場合、pipsの単位は1銭なので5pipsとなる。ユーロ・米ドルレートが1.1209ドルの場合、1pipsは0.01セントなので9pipsとなる。

pipsを使用するメリットとしては、異なる通貨取引どうしでも比較しやすいことや、通貨取引の利益が同額でもpipsの数値で運用の巧拙が見て取れることなどがあげられる。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。