証券用語解説集

T+2(てぃーぷらす2)
分類:取引(売買)

有価証券などの決済日(=受渡日)が、売買が成立した日(=約定日)から起算して3営業日目(T+2日)であることを指す。国内市場の株式などは2019年7月16日から、国内既発債は2020年7月13日から「T+2」の受渡日となり、従来の「T+3」の受渡日(売買が成立した日から起算して4営業日目)から決済期間が短縮された。

Tは「Trade date」のことで、有価証券などの約定日を意味する。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。