証券用語解説集

金融ビッグバン(きんゆうびっぐばん)
分類:金融

米国と英国では日本より早く金融制度改革を実施している。
米国では、1975年に証券改革法が施行された。取引所集中義務を撤廃し、委託手数料を自由化にし、さまざまな取引システムを競合させる市場間競争を作り出した。これにより、証券市場の効率化がはかられた。
英国では、1986年に証券市場の改革に取り組んだ。この時「ビッグバン」という言葉が初めて使われた。証券取引の手数料が自由化されたことでロンドンの市場には世界中から資金が集まり、そこでは多くの英国以外の金融機関が活躍した。金融市場のウインブルドン化といわれた。
日本では、1997年から日本版金融ビッグバンに取り組んでいる。米国や英国と違って、銀行・証券・保険の3分野にわたる改革であること、情報通信産業の発達した時代の改革であることが日本版金融ビッグバンの特徴である。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。