証券用語解説集

オプション取引(おぷしょんとりひき)
分類:取引(売買)

ある商品を、将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利、又は売る権利を売買する取引のことをさす。
買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションという。各々の権利に対してつけられる価格のことをプレミアムという。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。