証券用語解説集

裁定買い(さいていがい)
分類:取引(売買)

裁定取引において、先物を売却し・現物を購入することを裁定買いという。
例えば、株価指数において、先物が高く、これと比較して、現物が安くなったとき、裁定買いが行われる。
先物が高く・現物が安いという状況に変化が生じた場合には、裁定買いは解消される。
引き続き、先物が高く・現物が安い場合には、裁定買いは解消されずに、そのまま繰り越される。このことをロールオーバーと呼ぶ。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。