証券用語解説集

指値注文(さしねちゅうもん)
分類:取引(売買)

株式の売買注文を出す際の一形態で、売買価格を明示して注文をすること。買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引される。

指値注文は、執行者が希望した値段で売買することができるというメリットがある反面、わずかの価格差で売買が成立しないというデメリットもある。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。