証券用語解説集

信用評価損益率(しんようひょうかそんえきりつ)
分類:取引(売買)

信用取引で株式の売買をしている投資家が買い建てた銘柄の含み損益の割合で、相場の天井や底を探る指標として用いられる。買建玉の評価損益を信用建玉残高で割って算出され、通常0%から-20%の範囲で変動する。投資家は評価益が出ると反対売買で利益確定する一方で、評価損が発生してもすぐに損切りせずに様子見の姿勢をとる傾向にあるため、一般的にマイナスの値となる。0%に近づくと相場の天井圏が近く、-20%近辺まで悪化すると底入れの目安になるとされている。

キーワードを入力し検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。